トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ Dの記事のブログへ

田 代 岳(1177.8m)一等三角点

@ 2012年1月 9日(月)曇り時々雪:2人パーティ

A 2012年1月20日(金)晴れ:単独行途中から2人パーティ

B 2012年1月29日(日)晴れ時々曇り:2人パーティ

C 2012年2月13日(月)晴れ:単独行

D 2012年2月26日(日)曇り:4人パーティ


@1月9日
<コースタイム>
大広手登山口10:15→12:30田代岳山頂神社(昼食・休憩)13:35→14:35大広手登山口
(コースについては他のページの地図参照)

1月9日(月)曇り時々雪
今年初のバックカントリースキーは田代岳へ・・・hontaka氏と2人で・・・きっと良い天気だろうとこの日を選んだのだが・・・どうなったのか?
能代市の自宅を出て車を走らせたら藤里駒ヶ岳の奥に田代岳が見えた。ピークの上には雲が・・・?道路は連日の雪が融けきれずに残りゴトゴトと車体が振動して走りにくい!
大館市田代地区のユップラで大館から来るhontaka氏を待つ。予定時刻前に着いて、一緒に1台の車に乗って出発。路面は雪に覆われているが林道も綺麗に除雪されている。大広手登山口に車を駐め、10時15分スキーを履いて林道を少し進んで、最初のカーブで林道から沢状になった斜面に乗る。この先は大広手登山口からの登山道のヘアピンカーブを目指して登る。この季節にしては膝上までのラッセルは無い!途中で2回ほど休憩をとり、9合目の雪原に出たが風はさほど強くないが視界が良くない。山頂ドームがはっきり見えない。ドーム斜面の雪面は表面は少し硬めだがストックに力を入れるとズボッと埋まり、直ぐ下に弱層がありそうだ。ドームの斜面で喘いで12時30分山頂神社に着く。
神社内でゆっくりくつろぐ・・・神社の外に出て13時35分下山開始。ドーム斜面の滑走に期待したが・・・雪面の凹凸や斜面の傾斜が見えない・・・慎重に下る。これではおもしろくない!
樹林帯の滑走でしっかり楽しもう!ルートを確認しながら滑走を楽しむ。あっという間の下りだった。14時35分登山口の車に着く。
ユップラに移動し、私は入浴、hontaka氏は大館へ向かった。今年初の田代岳もこうしてあっさりと終了!山頂ドームの滑走は残念だったが、樹林帯の下りは楽しかった(*^_^*)!
今日は休日だったが、我々2人以外に人の姿は見ることがなかった・・・
標高900m程の樹林帯をラッセルするhonntaka氏 ようやく山頂神社に着く

A1月20日
<コースタイム>
大広手登山口09:50→11:30田代岳山頂神社(昼食・休憩)12:15→滑走→12:50田代岳山頂神社(休憩)13:20→14:15大広手登山口
1月20日(金)晴れ
天気に誘われて田代岳へ・・・朝、車を走らせながら、森吉山はくっきりと!そして田代岳は雲がまとわり付いている?
18日に森吉山へ行った時と逆になっている・・・森吉山へ行くべきか?まあイイや!何とかなるべー!っと田代岳へ向かう。
大館市田代地区の温泉施設ユップラで餅を買って林道を進む。日も指してまずまずの天気!9時50分、大広手登山口から一番南寄りの尾根コースへ出発したが、前日登ったようなトレースが沢山!尾根の上は5〜10cm程のパウダーで、その下は硬めの雪。登りやすい!順調に登って9合目の雪原に出る。青空の下の山頂ドームを見ながら、しばしば立ち止まる。山頂ドームには沢山のトレース!表面はサラサラのパウダー。11時30分、山頂神社に入って昼食を食べる。入口を開けて日が差し込むと暖かい!北東からの風なので風が内部に吹き込まない。腹ごしらえを終わり、外へ出てあちこちウロウロしながら写真を撮る。12時15分山頂ドームを下る・・・気持ちイイ!この雪は・・・深くはないが最高の雪質!ドーム基部からシールを付けて登り返す。遠くから登って来る人が・・・近づいてきたら、何と大先輩のオガ文さん!18日の森吉山に続いてやってきたのだ!ご苦労様m(_ _)m
再度、一緒に神社に入ってお付き合いをする。2人で記念写真を撮って、13時20分下山開始。オガ文さんはスノーシューでドンドン下って行く。相前後しながら私も下る。14時15分登山口の車に着いて、そろってユップラへ・・・気持ちの良い温泉に入って、それぞれの自宅へ向かう。何と気持ちの良い山行だったのだろうか・・・また、この雪質で滑りたいな・・・!
田代岳へ行こう!と・・・動画をアップしてみました。
長いだけで内容はありませんがご覧ください!
9合目雪原に近づき山頂ドームが見えだした 山頂神社前でオガ文さんとツーショット


B1月29日
<コースタイム>
大広手登山口09:55→(南側の尾根)→11:23九合目雪原(湿原)→11:47山頂神社(昼食)12:24→(山頂ドーム滑走2回)
→九合目雪原13:12→13:36大広手登山口
長男が帰ってきたので、「良し!山へ行くか!」っと田代岳へ行くことにしたが・・・天気予報は芳しくない・・・?
朝、能代市を出発したら猛吹雪!ヘッドライトを付けて走る。二ツ井を過ぎた頃から空が明るくなり、鷹巣を走っていたら青空が(*^_^*)!後はずーっと晴れていた。五色湖大橋(田代岳大橋)を渡っていたら田代岳は青空の下にくっきりと!期待に胸がふくらむ!大広手登山口について準備・・・気温が低い!9時55分出発。除雪のブルトーザが除雪しながら下って行った。
硬い雪の上にパウダースノーが程良く乗っていて下りに期待出来そうだ。膝まではないので苦しいラッセルではないが結構辛い斜面もあった。11時23分9合目の雪原に出る。山頂を仰ぐ!下で見たほどの青空ではないがまずまずの天気!天気予報はどうなっているんだろう?北陸沖の等圧線が朝鮮半島側に引っ込んでいたから、低気圧があるような状態になって、その影響で疑似好天か?っと思いながら下るまでこの天気を保ってくれ!っと祈る気持ち・・・11時47分穏やかな天気の中、山頂神社に着いて中に入る。風が無く神社の戸は開けっ放しで昼食を食べる。12時24分外に出て山頂ドームから滑走!雪質も激PAWとまではいかないが、まずまず良い!下からもう1本滑ることにして登り返す。気持ちイイ!っと言いながら下って、少し曇ってきた山頂ドームを何度も振り返りながら写真を撮り、雪原を進む。13時12分雪原とお別れして下山開始。樹林帯の下りも最高の雪質。13時36分、あっという間に大広手登山口の車に着く。もう一回登って滑りたい気分!・・・気分だけ・・・直ぐに温泉ユップラに向かい入浴。気持ちええなーっとアイスを食べ自宅へ向かう。山で誰にも会わなかったのが不思議?こんな天気だったのに・・・っと言っても山に来ないとわからないからね・・・我々2人だけとは残念だった!hontakaさん!今日はお仕事で残念だったね!ご苦労様でしたm(_ _)m、tukamasaさんはどうしたんですか?今季はまだ滑っていませんか?
山頂ドームの登りで・・・九合目雪原に我々のトレースがくっきりと! 穏やかな天気の中、山頂神社の前で・・・!


C 2月13日
<コースタイム>
大広手登山口09:51→11:51山頂(昼食)12:25→(山頂ドーム滑走3本)→13:30九合目湿原東端ピーク(徘徊)13:40→14:16大広手登山口
天気図と天気予報をにらめっこしてGO!
朝、自宅を出発して二ツ井に向かっていたら、対向車の元職場仲間から「鷹巣から先はツルツルだよ!」っという情報!気を付けながらユップラへ・・・焼き餅を買いに寄る。FOJIさんから教えてもらってからずっとやみつき!
五色湖を渡っている時点では山頂部は見えなかった・・・林道を少し進んだら和泉ナンバーのタンクローリーが路肩の穴に落ちて傾いていた!多分液化水素を積んでいるのでは?通行の邪魔にはならなかったので、横を通りながら「大丈夫ですか?」言ったら「今ブルが来るので・・・」っと言っていた。「ご苦労様!」っと言って通過。ロケットエンジンの実験場維持も大変だな!っと思いながら・・・大広手の登山口に着く。
さあ!行くぞー!っと最短尾根コースに向けて出発。雪は10〜20cm程の新雪。昨日のトレースがいくらかわかる程度。何だか疲れる〜体調不良かな?それとも歳かな?何度も立ち止まりながら・・・ようやく九合目の大雪原!山頂ドームが見える!岩木山の裾野も見える!風も微風だ!まずまずの天気!山頂に着く頃には日が指し気持ち良い!しっかりしまっていなかった神社の戸を開けて中に入って昼食をとる。
食べて、外に出たら、何とすごい天気!気持ちイイ!能代火力の煙突の煙、男鹿半島などが確認出来る。岩木山の雲も徐々に上がってきた。八甲田山もすそ野が見える。急に元気が出て、山頂ドームを3本も滑ってしまった。しっとり系のパウダーのような雪!もっと滑っていたいが・・・明日は森吉山に行きたい・・・それでも九合目雪原の東端のピークまでシールを付けて登る。白い兎が必死で逃げていく!岩木山の山頂までくっきりと見えるようになった。十和田湖の御鼻部山のおでこが良く見える。この位置から、尾根を登って来たコースへ下ると雪庇になるので、少し山頂ドーム側へ戻ってから尾根コースへと下った。テントや食糧があったら泊まりたい気分!14時頃だったと思うが、尾根の急斜面を下っていたら、登って来る人が!!!立ち話をしたら私のブログを見ているようだったm(_ _)m一緒したことのある塚本さんとも知り合いのようだった。いがらしさんのブログも良く見ているようだ。能代の方だということで、能代にも結構バックカントリーをやる人がいるんだ・・・っと思った。天気が良くてガマン出来なくて出掛けてきたということで、遅くなったようだ。1時間余りで山頂、下りはあっという間だから大丈夫!山頂往復は出来ると思った。せっかくだから展望を楽しんだ方が・・・っと、少し勝手な事を言ってお別れして、私は一気に下山。ユップラに向かった・・・あとはいつもと同じように・・・
あの後、登って行った能代の方はどうしているだろうか?ちょっと気になった・・・
もう一つ、ちょっと心残りだった・・・山頂から北側の斜面を滑ってみたかった・・・覗いてみたのだが、次回に取っておこう!
山頂から1本滑って、登り返して2本目を滑る前に九合目雪原を撮す
この広い雪原がなければこの山の魅力はどうなっていただろう?
九合目雪原の東端ピークをめざして登る途中
山頂ドーム(左)とくっきり見えるようになった岩木山(右)を振り返る


D 2月26日
<コースタイム>
大広手登山口09:56→11:50山頂12:55→(山頂北側の尾根滑走)→13:07標高1000m付近→13:50九合目雪原14:15→15:00登山口
今回の日曜日にようやくメンバー4人がそろった!今シーズン2度目のhontakaさんと長男、初滑りのtukamasaさん、と私の4人。田代地区ユップラ9時前に大館方面から新車のレガシーアウトバックでhontakaさんとtukamasaさんが到着。私は長男と能代から・・・
2台で登山口へ向かう。登山口に着いたらFOJIさん4人パーティが出発して行くところであった!林道を少し進んでから尾根へと登る同じコース!FOJIさんパーティのトレースをそのままラッセルもせず、泥棒させていただきましたm(_ _)mありがとうございましたm(_ _)m
かなり登ってから追いつく。感謝!感謝!FOJIさんパーティは右へ、我々はいつものコースで山頂ドーム登り!神社内に入って昼食を食べながら、のんびりとくつろぐ・・・
我々は少し遅れて滑走へ向かっていたら、FOJIさんパーティが、もう登り返してきた!我々はドーム北側へ伸びる尾根斜面へ・・・期待以上のpowderに興奮気味!歓声を上げながら滑る!標高1000m程まで下り、沢を越え九合目雪原へ向けて登り返す。雪原を東端まで歩いていたらスノーノービル2台がけたたましい音と排気ガスの臭いをまき散らしてドームから下の方へ下りて行った(>_<残念なことだ(-_-
雪原東端でのんびり休む。その後は南側尾根の最短ルートを下りながらテレマーク練習会!登山口に着いたらFOJIさんの車はなかった!早い!
ユップラに着いたらFOJIさんパーティのお二人が入浴を終え帰路につくところであった。我々も汗を流す。当然アイスを食べる。その前に牛乳も飲む!健康的だ!ビールは帰宅後・・・?田代岳バンザイ!
山頂ドームを登っていたら直ぐ後方にFOJIさんパーティ(3人の
後方の小さな人影)が登ってきた。九合目雪原が高く見える。
一度北側の尾根斜面(写真の山頂ドーム右のスカイライン)を
滑走してから九合目雪原東端をめざして登る