トップのページへ 秋田県内の山 この記事のしょうすけのブログへ
田 代 岳(1177.8m)一等三角点

2011年12月10日(土)曇り:山仲間と

<コースタイム>
大広手登山口11:03→13:32田代岳山頂14:13→15:40大広手登山口

12月10日(土)曇り
1年に一度の山仲間「秋田山好会」の集団登山。チラチラ青空も見えるが曇天の中、大館市田代地区にあるユップラに集合し、田代岳登山口に向け出発。
山瀬ダムから奥の林道上には雪がないが、糸滝手前あたりから徐々に路面に雪がある。一面雪に覆われた大広手登山口に駐車して11時03分出発。総勢12名の集団登山。スキーで登下降出来るだろうか?ワカンやスノーシューで登った方が良いか?つぼ足で良いのか?悩んで・・・結局、私はつぼ足、スノーシューはザックに固定。1名だけスキーを背負った人が?とてもスキー歩行が出来そうなだけ雪はなく、地面や石のゴツゴツ感を靴底に感じながらの歩行となった。登山道脇の笹藪はまだ雪の上に出たまま。とても下りでもスキーが楽しめそうな状況にはない。それでもスキーを背負った方は上部の雪を期待して黙々とスキーを背負って登った。12時15分5合目の鳥居で小休止。ここでもフワフワの雪が20cm前後。硬めの雪底は出来ていない。途中、下って来た2名の方とすれ違い、9合目の湿原に出たら風が強く視界が悪い。山頂ドームも期待した雪はなく登山道を登って13時32分山頂神社に着く。神社内の温度計は-6℃。神社に入って思い思いの昼食を食べる。それぞれバーナーで調理をしたためか室温は-2度まで上がった。14時13分写真を撮って下山開始。手袋の中の手が冷たい!14時45分5合目の鳥居で小休止。更に下って15時40分ようやく大広手の登山口に到着。スキーを背負ったままでの登下降はご苦労様でした。この後は、北秋田市の「縄文の湯」での会へ向け移動開始。夜遅くまで楽しく過ごしました。
山頂神社の前での集合写真 9合目の湿原を下る
木道を支える杭の頭がはっきり見える