トップのページへ 秋田県内の山 Tしょうすけのブログへ Uしょうすけのブログへ
田 代 岳(1177.8m)一等三角点

T・・・・・2011年4月6日(水)晴れ:単独行

U・・・・・2011年4月10日(日)晴れ後曇り:単独行



T・・・・・2011年4月6日(水)晴れ:単独行
<コースタイム>
大広手口09:44→10:46標高1100m付近10:53→11:16山頂(昼ごはん)11:35→雷岳12:01→12:23山頂12:38→13:12大広手口


4月6日(水)晴れ
しばらく山から遠ざかっていた。東日本大震災以来、何となくそんな気持ちにならなかったのだが・・・身体が動き出したので気持ちが後から付いて来たという感じだった。
山行再開は比較的イージーな田代岳へっと思って、朝8時前に自宅を出発。土が顔を出してきた林道を走って大広手登山口に着いたが、ひっそりとしていた。ステップ板にするかどうか迷ったが、シールを貼ってBDのアスペクトにした。準備をしていつもの最短尾根に向けて出発。思ったより雪が硬く全くうまらない。快調!シールにも雪が付かない。それでもヒーヒーいわない程度にゆっくりとしたペースで進む。そのためか汗も余りでない。ワカンで歩いた跡があるがいつのものだろうか?快晴の空の彼方には八甲田が見えだし、間もなく岩木山も見えだした。標高1000mを越え風が出てきた。休憩をとりながらアンダーとミッドレイヤーだけだったので、アウターを着る。手は素手だったので薄手の手袋をはく。それだけ暖かであったのだ。それなのに雪は硬い!朝冷えたのだろう!
山頂ドームを登り、神社に着き、昼のコンビニおにぎりを食べる。コンビニにも前よりはいくらか物が増えた。まだ12時前だったので、少し考えて雷岳まで足を伸ばすことにした。面倒だったので、シールを付けたままエイヤーっと滑り、登り返して雷岳の標柱に着いたら丁度12時であった。烏帽子岳は次回にしよう!っと諦めて、鞍部まで下り山頂神社へ辛い登り返しをした。山頂神社前でシールを外しヨロヨロ!ヨロヨロ!っとへっぴり腰テレマークで山頂ドームを下り、登ってきたコースを下った。下るにつれて雪は腐っていたが、まだまだ私にとっては気持ちの良い雪だった。13時過ぎに下山。結局今日は誰とも会わなかった。淋しいが気持ちの良い山であった!感謝!感謝!早かったのでユップラでひと風呂を浴びよう!ユップラも人が少ない!母に焼き餅を買って(実は私も好きなので)帰宅。洗濯機を回しながらビールを飲んでしまった(^_^)v
昨日、仙台の叔父に送った食糧が届いたという電話があって喜んでいた。きりたんぽはシーズンが終わったかと思っていたが、能代駅前市場で発見!材料とスープ等や水、豆腐、生うどん、乾しうどん、檜山納豆、牛乳、ビール、お菓子、果物などを無理矢理段ボールに突っ込んで冷蔵で送ったら1日で届いた。重量オーバーだと言われたが、許してもらった。スピードといい、対応といい、さすがクロネコヤマト!
田代岳付近では、先日直下型の地震があったが・・・そろそろ収束しただろう・・・行動した範囲では、地震による痕跡は発見できなかった。さあ!次はどこへ行こうか???でも、天気が・・・
山頂の神社、左に岩木山 山頂の西面から望む。手前に雷岳、
左に烏帽子岳その奥に藤里駒ヶ岳、右最奥に白神岳の尾根

U・・・・・2011年4月10日(日)晴れ後曇り:単独行
<コースタイム>
大広手口09:05→山頂10:31→雷岳10:54→烏帽子岳11:23→茶臼岳11:35→雷岳12:11→12:38山頂13:06→13:36大広手口


活動開始の6日に雷岳までしか行けなかったので、今回は烏帽子岳と茶臼岳まで足を伸ばしました。
前回より少し早めに出発。ステップ板にシールを付けて大広手登山口を9時5分出発。直ぐ後に男女3名のパーティが続いて出発。前回同様に気持ちの良い天気!しかし、風が出て9合目雪田手前でアウターを着る。寒い!山頂ドームを登って行くと4〜5人のつぼ足の跡!10時31分山頂神社前に着いたが中に人がいるようだ?外の雪にストックが数本さしてあった。お邪魔せずにそのまま神社前を通過。雷岳との鞍部に向けて下る。風が強い!雪が硬く風も強いのでシールは付けたまま。鞍部まで下るといくらか雪はザラメ状になる。そのまま登って小さな雪庇を越え雷岳山頂を通過して烏帽子岳との鞍部まで下る。天気が下るのだろうか?雲が出てきて、風も強くなってきた。八方平から烏帽子への尾根を進み、烏帽子山頂への急斜面を登ったが山頂の標柱はまだ雪の中だった。例年の今頃だったら出ているのだが・・・写真を撮ってから下って茶臼岳を目指す。茶臼岳への尾根の雪庇が崩れだしている。もう少しでスキーでは行けなくなるだろう!11時35分茶臼岳山頂に着き写真を撮る。ここには三角点があるが見たことはない!夏道はない(>_<)
烏帽子と八方平の間の尾根に戻って鞍部まで下って、標高差120m程を登って雷岳を目指す。ペースが遅いのか呼吸は乱れないが、時々立ち止まらないと持たない(>_<)雷岳山頂から鞍部まで下り、本峰への標高差120mあまりの登りになる。何度も喘いで山頂神社に近づいたら神社の前に人が・・・なんと能代の塚O氏だった。つぼ足の5人の人がいた話しや3人の人を追い越してきたがさっぱり来ないという話を聞いた。まあ無事に下山したら良いだろうということで気にしない!この頻度で会うということは塚O氏も良く来ているな〜!っと感心する!下山して行ったので、私は神社に入ってひとり昼食を食べる。神社の回りでは、絶えずゴーッと風が吹き抜ける!良くこの神社は風雪や風雨に耐えて建っているなーっと感心する。シールをはずして13時6分下山開始。ザラメ状になった雪は良く滑る。一気に山頂ドームを下り樹林帯に入ったら風が止んでホットする。スキーの走りすぎで付いていけない(スキーを抑えるだけの余力がないのか?)・・・下山するまで3度撃沈!起き上がるのにも力が尽きて時間がかかる。足がカクカクだった。13時36分登山口に着いた時には3人パーティの車はなかった。下は比較的良い天気???ユップラに着いて、駐車場の車が少なかったので入浴することにした。すっきりしてアイスを食べようとしたが、ガマンして牛乳を飲んだ。いつものアイスがなかった(-_-帰宅してビールを飲もう(^^)/
今回のコースは2008年4月8日(火)のコースとほぼ同じです。
昨年4月9日の記録はこちらです!
いつもの山頂ドーム。いつのものかトレースが・・・ 烏帽子岳山頂から(手前から)雷岳・田代岳山頂・9合目雪田