トップのページへ 秋田県内の山 Tしょうすけのブログへ Uしょうすけのブログ Vしょうすけのブログ Wしょうすけのブログ
田 代 岳(1177.8m)一等三角点

T・・・・・・・・・・2011年1月22日(土)曇り時々雪:3人パーティ

U・・・・・・・・・・2011年2月 9日(水)曇り後小雪:単独行

V・・・・・・・・・・2011年2月11日(金)曇り時々雪:2人パーティ

W・・・・・・・・・・2011年2月20日(日)曇り後晴れ:3人パーティ


T・・・・・
<コースタイム>
大広手登山口10:16→13:23田代岳山頂14:28→大広手登山口15:30


1月22日(土)曇り時々雪
しばらく前からこの日を計画していたので、天気が心配でした。悪天というほどの天気ではなかったので、hontaka氏・tukamasa氏と私の3人で田代岳へ。大館市田代地区の田代温泉ユップラの駐車場に集合し、車1台で大広手登山口に移動。準備して登山口を10時16分出発した。3人ともテレマークスキー。2人がBDのアスペクト、1人がBDのスティグマ。ビンディングは全員BDのO1。深い雪のラッセルにたっぷりと汗をかきながらラッセルをする。いつもの最短のルートの尾根を登って急になりかけた所で、ズボッとストックが柄の所まで埋まり、次の瞬間バキッと音がして転倒しそうになる。ストックを抜いたら半分下が無い?アレ・・・?体勢を立て直して雪の中を探して、しばらくして深い所から下半分が出てくる!しばらく呆然とする。ストック無しでは登れそうにないから、何とかしなければっということで、折れた部分の修復に挑戦!何とかガムテープと3mmの細引きで折れたストックが1本になる。接合部分はなかなか強そうだ!3人それぞれのホットドリンクを出して飲み比べ!コーヒー、ココア、チャイのチャイに軍配が上がった!honntaka氏と冬の八ヶ岳へ出かけた頃は良くシェルパティを飲んだものだ。最近、店で見ることが無くなった・・・?また飲みたいな〜!
今回は、必ずしも山頂までとは思っていなかったが、風以外はまずまずのコンディションだったので、9合目の雪田に出た頃から山頂へ向かっていた。山頂ドームを登り13時23分強風の山頂に着く。神社内で、のんびりとラーメンやうどん、おにぎりを食べて14時28分下山開始。2人は今季からテレマークに挑戦!テレマーク姿勢を保つのが大変!無事に15時30分登山口に降りる。色々トラブルはあっても楽しい田代岳であった。同行したお二人にも感謝m(_ _)m今度またよろしく!
ブログの方には動画もあります。折れたストックの画像もあります。是非ご覧ください!
今回のコースは2010年2月14日のコースとほぼ同じです。
山頂の神社前で 下りの途中、山頂ドームをバックに9合目の雪田


U・・・・・
<コースタイム>
大広手登山口09:52→九合目雪田11:36→11:56山頂神社13:04→13:30標高900m付近(登り返し)→
14:11九合目雪田標高1110m付近14:27→14:47大広手登山口


2月9日(水)曇り後小雪
安定した天気のようだったので、田代岳へスキー練習に出掛けた。前夜「ぺんぺんわーるど」でFOJIさんの滑りをじっくり見てから・・・同じように滑りたいなぁ・・・
ところが、大広手の登山口でFOJIさんパーティとバッタリ!おーおおおおお!お二人のパーティは「少し先の登り口から!」と行って出発!少し遅れて、私はいつもの左手尾根の最短ルートへ向けて出発。何度も喘ぐ!そんなに雪が重いわけでもなく、そんなにラッセルが深いわけでもないが、汗びっしょり!でも、風もなく気持ちが良い!9合目雪田に出たら山頂ドームが見える。雪田を進んでいたら、間もなくFOJIさんパーティがドーム右下から現れ、途中でスコップを出してコンプレッションテストをしているようだった。私は2時間余りかかってようやく山頂に着き写真を撮す。岩木山・白神岳と向白神岳の尾根・八甲田連峰・白神山地の山々が良く見える。南側は雲の中!森吉山でさえ見えない。写真を写していたら、FOJIさんパーティが山頂に着く。神社内で一緒に昼食を食べる。FOJIと一緒の若い方は(O寺さん?)は2シーズン目のテレマークだそうだがかなり上手そうだ!私は3シーズン目!トホホホホホ〜(>_<)!「真っ直ぐに滑ると良い!」というFOJIさんの言葉に、登って来たルートを下りながら練習!雪質が良かったので標高900m付近から登り返す。雪田の縁1110m付近まで来て休んでいたら、下って行くFOJIさんに声をかけられる。真っ直ぐに滑りながら小さくターンをするが段々早くなってバランスを崩す。スキーをしっかり押さえないからだろうか?いろいろ試しながらヘロヘロになって下り14時47分下山。もうFOJIさんの車はなかった!早いなあ!!!
田代地区のユップラに行って温泉に入る。当然風呂上がりはアイス!と牛乳!そして「美味しいよ!」っと教えていただいた「かあさん手作りの焼き餅(おやき)」をお土産に買って自宅へと向かった。田中君が県立大合格というメールを見て何となく自分のような気がして嬉しい!心地良い疲れが・・・次はいつスキー練習出来るかな・・・楽しみだな!
写真を撮って神社前に戻ったらFOJIさんパーティが登ってきた 登り返して9合目雪田に着き再度山頂ドームを仰ぐ


V・・・・・
<コースタイム>
大広手登山口10:44→九合目雪田12:04→12:24山頂神社13:30→14:13大広手登山口

2月11日(金)曇り時々雪
夜(10日)、長男から、「仕事が空いたので明日田代岳へ行かないか?」っというメール!山行きだったら即オッケー!っという事で何人かを誘ったが都合がつかず残念。朝、家の前の除雪をして。雪が降ったなーっと思いながら大館市田代地区のユップラへ行ったがユップラも15pほどの積雪。ここで長男と合流し、大広手登山口への林道を進んでいたら、五色滝周辺で雪に突っ込みようやく脱出した車が・・・「大丈夫!」という事で登山口へ行って準備。先ほどの車も来て、私の車ともう一台計3台の車。話しをしたらすべて能代市の方々!ヘー!こんな事もあるんだあ(^_^)vそれぞれ○本さんと○松さん!
10時44分長男と二人で大広手口を出発。長男は冬の田代は初めてだったので最短コースの尾根を登る。登る時チェーンソーのような音が唸っていた。余り気にもせずにユルユルの気分で登る。小雪が舞い遠望は出来ない。後方に○本さんが登って来るが、○松さんは来ない?どうしたのかな?山頂ドームが見え、ドームの登りの途中で雪面に凹みが・・・?鳥居を潜る直前、目に飛び込んできたのは山頂神社とともに7台のでかいスノーモビルであった!12時24分神社に着き、中に入って挨拶をしたら、スノーモビラーの方々は、そそくさと片付けて出て行った。弘前の方々らしく、「どこから上がったのですか?」と聞いたら「相馬!」という事であった。帰宅して地図を見て唖然!とした。私にはとても考えられない距離と地形であった。間もなく着いた○本氏と3人で昼食を食べる。・・・が、○松氏は来ない?どうしたんだろう?今朝、ユップラで買った焼き餅も食べる。美味しい!9日の日にFOJIさんに勧められたのだが、私もお勧めの焼き餅(お焼き)だ!
13時30分3人で下山開始。スノーモービルのトレースが山頂ドームから9合目雪田のいたる所に・・・(-_-)!やがて、登って来た尾根を下り始める。ことのほか雪質が良い!気持ち良く滑っていたら、長男が後ろから「ゲレンデで滑っている時より遙かに上手に見える!」っと・・・。それだけすばらしい雪質。今朝降ったフワフワの雪の下に少し重い雪があり、更に下は硬くなり最高に滑りやすい!(*^_^*)!前回、この辺から登り返したという話しで○本氏は登り返すことに!我々はそのまま下って14時13分登山口に着く。○松氏の車はなかった・・・?どうしたんだろう?この後はユップラで温泉に入り、前回同様牛乳とアイス!そして、焼き餅を土産に買って帰路につく。昨日(10日)、消防車が何台も駆けつけ通行止めだった二ツ井西トンネルは何事もなく通過できた。何があったのだろう?地元新聞には何も記事が載っていなかった・・・?
見たことのない光景!田代岳山頂 山頂ドームから下って九合目雪田を進む


W・・・・・
<コースタイム>
大広手登山口10:15→12:17山頂13:19→14:13大広手登山口


2月20日(日)曇り後晴れ
予定していた田代岳へ、1月22日のメンバーで再び・・・
寒冷前線通過による降雪があり、国道はツルツル・・・田代岳への林道はフワーッと雪が積もっていた。パフパフの雪を期待したが、気温上昇により期待は見事に打ち破られた!大広手登山口に着いたら先行の4人パーティが出発するところであった。そこに2月11日にご一緒したO本氏が現れる。10時15分準備して出発。林道の先の尾根に乗っかり、先行パーティのラッセル泥棒をする。楽をさせていただきました。ありがとうございますm(_ _)m我々の後にO本氏も付いてくる。やがて夏道のヘアピンカーブの尾根に乗っかると荒沢方面から登って来たスノーシューとワカンの混成チームのトレースが合流。更に楽をする。1100m付近で緩んだビンディングの調整をしていたらスキーチームは先へ行ってしまった。我々はスキーチームのラストで12時17分に山頂神社に着く。風はほとんど無く、時々日が指し気持ち良く、外で昼食を食べながら休む。先行した4人パーティが神社内に入り、間もなく着いたスノーシューとワカン混成チーム(7人かな?)は能代市のヒメユリ山の会?ということだった。こんなに気持ちの良い山頂ってあっただろうか?歳なのか?記憶がはっきりしない!皆さんがそれぞれ出発していくので、我々は最後に13時18分下山開始。山頂ドームは大きなシュカブラが出来ており苦戦(>_<)!さすがO本氏は登り返してきた。我々は来た道を下る。4人パーティの方々は最短コースの尾根へ、O本氏もそちらを下るという事だった。ヒメユリ山の会?の方々を追い越して、下るに従い雪が重くなる。先週のあの夢のような雪は?どこへやら・・・林道が近くなると表面は融け出しているのか?ザラメ雪のようにシャーシャーっと音がする。ヤレヤレ急に春が来た!愚痴を言いながら14時13分下山。もうあの雪は体験できないのだろうか?(-_-)ユップラに戻ったら焼き餅は売り切れ(>_<)さっきの4人パーティの方々もやって来て女性達は入浴へ、残った秋田市の男の方と山の話しをし、それぞれの自宅へ向かう。西向きに戻る私は、まぶしい太陽に向かってすっかり雪の無くなった国道を走った。
山頂ドームを登る先行4人パーティとO本氏が見える
左上には飛行機が!青空が眩しい!
九合目の雪田を登って来る能代市のヒメユリ山の会の人達!