トップのページへ 秋田県内の山 この記録のブログへ
上小阿仁村・萩形から太 平 山(1170.4m)一等三角点・・・途中で断念!
2014年10月19日(日)3人パーティ
下に地図があります
10月19日(日)曇り後晴れ

<我々の歩いたコースの時間>
萩形沢林道の駐車場所08:32→登山口(峰コース)09:13→(ルートを外れて登る)→冷水10:48→土地見平11:46→
11:58標高916mピーク(昼食・休憩)12:30→土地見平12:38→冷水13:19→登山口14:06→
14:47車の駐車場所

先日、上小阿仁村の八木沢集落を訪れた時、40年以上前に生徒を連れて萩形から太平山へ登った事を思い出した。
帰宅して、ネットで調べたら、当時使った沢コースは崩壊して使われていないが、峰コースがあることを知った。
当時、一緒に顧問をしていたナリユキ氏にメールしたら、日曜日に!っということで決まった。更に、タロンペ氏も一緒することになり、車2台で午前6時能代を出発。
三種町から上小阿仁に抜け、八木沢集落を通り萩形ダムを越え更に奥へ。小阿仁川沿いの林道を進み、途中から右折して萩形沢への林道に入る。ここまでで、最低地上高20cmの私の車は2度ほどフロントのオーバーハング部分を擦る。林道を進むが、どうしても無理な所があり断念。金兵衛沢の手前だった。そこへ車を駐車して、8時32分徒歩で進む。
しばらく歩くと車が3台駐車していた。ジムニーや軽トラだった。さすが!そこから先は林道が崩壊して車で進むのは無理状況だった。9時13分登山口の案内の標柱から登り出す。間もなく沢の中の道。その先が決定的な失敗だった!沢から右尾根に取り付く所が分からなく、そのまま沢の中を登る。おかしいと思ったが、尾根に取り付けそうな踏み跡がない!かなりやばい所もあり、もしここを下るのであれば・・・ザイルは無いし!っと少し不安になる。標高670m付近から右手の尾根へ無理矢理取り付き、比較的緩やかな尾根の上を藪漕ぎして、標高720m付近で尾根の上を右へルートを取ったら、突然目の前に登山道が現れた!ここからは順調に進んだが、沢登りや藪漕ぎや読図に時間を費やし、尾根の上の冷水に着いたのは10時48分だった。あとで計算したのだが、登山道を順調に登ったとしても、登山口から冷水まで1時間と考えると、太平山山頂まで往復するのは無理だった。
結局、笹森までも行けず、途中の916mピークで断念することにした!昼食を食べ、下山開始。すばらしいブナの紅葉のの中を歩を進め、順調に登山道を登山口へ下った。林道を歩いていたら、キノコ採りの単独の女の人と会った。背中にはキノコが入ったザックを背負って、ペタッと座っていた。タロンペ氏が羊羹をプレゼントしたようだった。女の人ひとりで来るなんて!逞しい!14時47分我々の車の駐車場所に着いた。
途中で断念したこの思いは、いつか達成されるのか?再挑戦があるのか?は、わからない・・・
前進を断念した916mピークで! ブナの巨木の紅葉

今回歩いたコースのGPSによるトレースです。赤い線が歩いたコースです。