トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
三方高・三ツ又森・柴倉岳
1221.8m三角点  1118.6m三角点  1202m標高点(1180.0m三角点)

2012年4月25日(水)快晴:単独行



<コースタイム>
大場谷地08:22→09:53三方高10:20→11:54三ツ又森12:00→12:37柴倉岳13:12(三角点まで下る)→13:58三ツ又森→14:40大場谷地

<歩行距離>GPSデータによる
大場谷地→三方高4.31km  三方高→柴倉岳6.89km  柴倉岳→大場谷地5.06km
総距離16.26km

下の方に今回歩いたコースの地図があります。

4月25日(水)快晴
良い天気になりそう!ずっと行きたいと思っていた三方高(さんぼうこう)へ!余裕があったら三ツ又森と柴倉岳も!大場谷地へ行く国道341号線は、冬季閉鎖が4月20日から朝8時から17時まで通行可能になった。夜間の通行止めが4月27日からは解除のようだが・・・?
急遽行くことに決めたので早朝バタバタと準備をして出発。鹿角市から仙北市へ通じる国道341号線の柳沢ゲートに8時少し前に着き、8時のゲート開門を待つ。車がドンドンやって来る。ようやく開門!ドンドン出発して行く車の後の方になって鹿角市と仙北市の境界付近にある大場谷地を目指す。車が数台駐まるスペースがあった!良かった!奥の方に車を駐め準備。
道路から登る雪壁がどの位の高さか心配してピッケルやアイスバイル・ザイル・テープ・カラビナなどを持ってきたが必要なかった。キックしながら3m程の雪の壁を越え大場谷地に・・・シールを付けたスキーを履いて8時22分出発し右手の尾根を目指して登る。雪が硬く順調だ!尾根の上を何度かピークを越え三方高を目指す。最後の標高差120mを登り三方高に着く。山頂はオオシラビソの林になっている。快晴の空から降り注ぐ日差しは暑い!いよいよ春だな!鳥海山が遠望出来るが、竜ヶ森や森吉山は直ぐ近くに見える。北側の岩木山や白神山地まで見える。
展望を堪能して来た道を戻る。硬かった雪が少しずつ緩んできた。そろそろシールを外そうかな・・・せっかくステップ板を履いてきたんだから・・・時間に余裕があったので途中から三ツ又森へ向かう。11時54分三ツ又森に着き、写真を撮って直ぐに柴倉岳に向かう。鞍部から160m程の標高差の登りは緩斜面なので有り難い。12時37分オオシラビソの樹林帯の柴倉岳山頂に着き昼食を食べながらのんびりすることにした。三角点は山頂から北へ緩く標高差20m下った先にある。どうしてだろう?っと気になって、帰路で下ってみたが特に展望が良いわけでもなくオオシラビソの林の中だった。そこから三ツ又森を目指し、右に大きく曲がって大場谷地には登った時と反対の尾根から下った。14時40分気持ちの良い天気のバックカントリーは終了し、国道を越え車に着いた。車に置いてあったコーラを飲もうとしたら噴水のように吹いて半分程を失った!!!車の中で開けなくて良かった!何となく名残惜しい気持ちになった・・・それだけ気持ちの良い天気だったのか・・・良い山に出会ったのか・・・国道341号線をゆっくり走って、比内の方に回って大葛のベニヤマ荘で温泉(200円)に入った。浴室は私1人の貸し切り状態だった!アイスを食べたが古いのか?味が・・・傾いた太陽を正面に見て自宅に向かった。

途中の尾根から見た三方高(奥のピーク)
山頂部だけオオシラビソの林になっている
三方高から見た八幡平と焼山(右)
今回歩いたコース(赤い線)の地図です。矢印の方向に歩きました。
比較的緩斜面が多いコースでした。柴倉岳周辺で回ったのは三角点付近の様子を見るためです。