トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


@2017年 1月26日(木)単独:阿仁スキー場ゴンドラ利用:ガスで石森まで

A2017年 2月 3日(金)〜5日(日)高校生の冬期幕営技術講習会に同行

B2017年 2月28日(火)単独:阿仁スキー場ゴンドラ利用・BCスキー


@1月26日(木)曇り:上部はガスの中
天気予報では高気圧が日本列島にやってくるから天気は良いと・・・天気図を見ると、高気圧の中心は中部地方を通過すると予想されていた。しかし、それが少しでも南寄りになると秋田の天気はそれほど良くはならない。北寄りになると大いに良くなる。しかし北側から前線をともなった低気圧が近づいている。何となく不安を感じながら朝起きた。どんよりした曇り空の中、自宅を出発した。
9時48分藤里町から来たスキーヤーと一緒にゴンドラに乗りグングン登って行くが、前方に見えるはずの山頂駅はガスの中で見えない!予想が的中しそうな予感。ゴンドラから下りたら案の定ガスが結構濃かった。仕方なく、ビジターセンター「ぷらっと」で待機することにした。今日は、BSTBSの日本の名峰・絶景探訪で拝見したガイドの大川さんも「ぷらっと」に待機していた。再度、スマホで天気予報を確認したら、晴れマークは午後4時から2時間程になっていた。しびれを切らして出発して行った方の後を追うことにした。
ガスの中、サンシャインコースのリフト降り場も良く見えない。樹氷平に着いて、登山コースに入るが、先行者のトレースがかろうじて確認出来る。林立する樹氷の間を縫うようにトレースがあり、うねるように積もっている新雪を切るようにトレースが続いている。石森から伸びる尾根への斜面を登っていたら前方に先行者が見えた。先行者に追い付いて、尾根から右手に伸びる雪庇の踏み抜きしないように位置を確認しながら慎重に進んだ。足元付近しか見えなかったので、GPSを出してみたら50m程先に石森のピークがあったので、慎重に進んだら黒い石がポツポツ見えるピークに着いた。お互い写真を撮った。お互いここから先は無理だと判断した。それでも、2万5千分の1の地図を出してコンパスを当てているので、ここから阿仁避難小屋は方位135度の方向だということを話した(おべたぶりかな?)。このコースは、アップダウンがあるのでコンパスだけで進むのは、かなりの経験が必要だと思う。
スキーを滑るような状況で無かったので、シールをつけたまま慎重に樹氷平に戻った。シールは外したが雪面が良く見えずにゆっくりゴンドラ山頂駅に戻った。一緒の方はそのまま下って行ったようだ。
私は「ぷらっと」に入り、田代の方と話をしながら昼食のおにぎりを食べた。この後は、ゆっくり下って12時30分スキー場駐車場に着き、事務所に下山報告をした。
石森に着いて写真を取り合う。後には石森のケルンが見える。 樹氷平に戻った!ここもガスガスガス!


A2月3日(金)〜5日(日)曇り時々晴れ
「秋田県高体連登山専門部・冬期幕営技術講習会」に同行させていただきました。
2月3日(金)の昼頃、北秋田市の森吉山荘に集合。開講式の後、山荘の隣地の積雪2m程の雪上でテント設営の講習会を実施。
その後、ビーコンを雪に埋めて、ビーコン操作の訓練。終了後は、気象係などが気象通報をもとに天気図作成。各パーティで夕食の炊事をして、初日は終了。
2月4日(土)は、1日歩行訓練。朝食後、森吉山荘から森吉山麓公園への林道を進み、途中から右手の尾根へ登り、カンバ森へとつながる大印コースへ。尾根の上を進み594mの標高点付近で終了し昼食を食べた。昼食後、山岳ガイドの福士さんによる弱層テストの講習をした。その後は、同じルートを森吉山荘目指して戻った。山荘到着後は、冬期の装備についての講習やツキノワグマ遭遇の話を聞いた。
最終日の2月5日(日)は、朝食後に閉講式を実施して解散。無事に講習会を終えた。 
2日目:60名を超える行列が続いた 弱層テスト指導中の福士さん 


B2月28日(火)快晴
天気図を見て、絶対晴れると出かけた森吉山!どこにも雲が無く、青い空と遠くの山並みと樹氷群!
ゴンドラに乗ったら、岩手県の和賀から来たという男性2名と一緒になった。
山頂駅から登り始めたら、前方に人人人・・・!石森への途中で振り返ったら、後にも人人人・・・!そして青い空!
石森からシールをはずして連瀬沢へドロップ。シールをつけて登り山頂へ。山頂も多くの人が居た。写真を撮って久し振りの東面へ回り込む。綺麗な雪面がヒバクラとの鞍部まで伸びていた!まずは1本と白いキャンバスにいたずら書きをしてしまった。登り返しが大変!途中東面を下って来たスノーシューを履いた高齢の方(私より10歳は上かな?)とすれ違う。どこまでも下って行く。遂には見えなくなった!私は山頂まで登りパノラマ写真を撮る。山頂には多くの人がくつろいでいた。どうしようか迷いながら、シールをつけたまま北面に周り込んだら、福士さんパーティが登ってきた。その目の前でドデンと転倒!「ここ滑れば良いよ!」と指摘を受け、ようやくシールをはずして滑り、下った所でランチタイムとした。さあ行こうか!と歩き出したら福士さんパーティが下って来た。皆さんの滑りを拝見して、私はトラバース気味に石森方面に回り込み、連瀬沢に下り、石森に登り返した。石森で快晴の森吉山の余韻に浸り、意を決して下った。ゲレンデはガタガタの雪面に耐えながらの下りになった。14時には駐車場に着いて、スキー場事務所に下山報告をして帰路についた。
石森から山頂方面 青い空と樹氷