トップのページへ 秋田県内の山
@の記事のブログへ  Aの記事のブログへ  Bの記事のブログへ  Cの記事のブログへ  Dの記事のブログへ 
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


@2016年 4月 6日(水)単独:阿仁スキー場から林道を歩いて尾根コースへ

A2016年 4月12日(火)単独:旧森吉スキー場側から初ルートで

B2016年 4月26日(火)単独:旧森吉スキー場側の松倉コース

C2016年 5月 7日(土)〜 9日(月)高校生の登山大会に同行

D2016年 9月16日(金)〜18日(日)高校生の登山大会に同行


@4月 6日(水)晴れ

4月に入ると例年登る山が決まっているが、歳を重ねると何だか自信がなくなる・・・
それでもまず行ってみるか?っと森吉山の阿仁スキー場から林道を歩いて、スキー場対岸の尾根を登ることにした。この尾根を登るためには長い林道歩きをしなければならない。うろこ板でないと、とてもお勧め出来るコースではない。
阿仁スキー場を8時15分出発。間もなくピステンツアーのキャビン付き圧雪車が出発。ゲレンデから林道に入る所で登って行った。お客さんは数名だったかな?
私は林道をひたすら歩いた。朝だったのでガリガリの雪面だったが、日が当たり少しゆるんだ雪面になり始めた所もあった。林道歩きに飽きた頃、松倉沢に架かる橋を渡った。2度程林道から登った場所をパスして先へと進んだ。林道が尾根の上にさしかかったカーブの所から9時55分ブナ林に入った。古木は余り見当たらず、比較的若いブナの樹が密生していて見事だった。斜面を徐々に登り、976mの標高点で休憩した。西から冷たい風が吹いていた。更に登ると少しだけオオシラビソが見られ、雪の尾根になる。尾根は左に大きくカーブして、阿仁避難小屋のある雪原へとつながる。11時34分雪原上に乗り、そのまま山頂を目指した。誰も歩いた跡はなく、人影もない。11時57分山頂に着いて写真を撮り、東寄りの岩陰に座り、自作の質素な昼ご飯を食べてゆっくりした。空気の透明度が高く、北の岩木山から八甲田方面、東の八幡平から岩手山・秋駒・更に和賀岳方面も見えた。鳥海山はうっすらと確認出来た。12時30分下山開始。阿仁避難小屋のある雪面まで降りたが人影は見えなかった。後は登ったルート通りに下った。気持ち良く滑っていたが、1000m付近でブナの樹の根開きした穴にスキーを引っかけて1回転!こんなところで動けなくなったら・・・と考えたらゾッとした。後は慎重に慎重に!13時5分林道に下り、林道をひたすら戻った。日差しと気温上昇により雪がゆるんでいた。空にかかっていた雲は無くなり、すっきりとした青空になっていた。ピステンツアーで圧雪されたゲレンデが一番滑りやすかった。14時13分車に着いて靴を脱いだら、右脚の内側の皮がはがれていた!靴に当たって痛かった所だ。
スキー場駐車場には数台の車しか無く、シーンと静まりかえっていた。車に乗り、水分補給をしながら二ツ井の高齢者ふれあい交流施設「ゆっちゃん」に向かった。今日は第1水曜日だったので60歳以上の能代市民は無料だった!風呂上がりにコンビニに寄りドーナツとカフェラテを買い、気持ち良く短いドライブを楽しんだ( ^o^)ノ
林道から山頂山頂方面を望む 林道からブナ林に入る
今回歩いたコース(赤い線)山頂近くとゲレンデは登りと下りのコースが少し違う。歩いたコースの水平距離は約17.9km 

A4月12日(火)曇り後晴れ
森吉山の地図を見ていたら気になる尾根が・・・行ってみるか?っと準備を始めていた。
11日季節外れの雪!スタッドレスタイヤだから心配ないっと思いながら早朝出発。旧森吉スキー場駐車場が近づくと、路面に雪!先行車がある。駐車予定場所に着いたら、岩手ナンバーの車がいた。一度移動して消えたが、戻ってきた。そしてコースを聞かれた。私は別コースなので・・・っと断ってから、最もノーマルなルートを教えた。
私は、8時53分先に出発。コメツガ山荘の下の林道まで登り、林道沿いに右折。途中でシールを外し(ステップ板だったので)、緩く下る林道を進み、松倉コースの登山口に着く。ここで休憩、迷ったが、やはり当初の予定どおりに林道を先に進むことにした。松倉沢を超え、尾根に上がりやすい法面を探しながら先へ進んだ。10時11分急斜面だったが、シールを付けようやく尾根の上に上がった。結構大きなスギの林だった。シールに雪が付き重い!何度も雪を払うが直ぐ付く。ワックスを塗れば良いのにそれすら面倒だった!スキー板の上にも雪が付き益々重い!結構長い杉林からブナ林に変わったら斜度がきつくなった。そして、オオシラビソが散見されるようになり、右手上に森吉神社が見えてきた。もう神社で休んで下ろうかと考え始めていた。森吉神社付近を移動する人影が見えた。岩手から来た方達であった。その時、私はまだ1144mの標高点付近だった(・ω・)12時丁度ようやく神社近くの尾根の上に上がった時には、岩手の方達は阿仁避難小屋に着くところだった。
神社手前の尾根からは、岩手の方隊のトレースを進んだ。いくらか楽だった。私が、阿仁避難小屋を通過した時には、中で昼食を食べているところだったようだ。休まずに先に進んだ。山頂ドームの登りが苦しかった。重い雪をくっつけたスキーを持ち上げてきた疲れが出てきた。
喘ぎながら12時54分誰もいない山頂に着いた。風は山頂にしては弱い。時々日も差す。山頂の北側に座って、今朝握ってきたおにぎりの昼食を食べた。立ち上がろうとしたら太ももが軽い痙攣!おっと〜(*´艸`)軽く屈伸運動をしてみたら徐々に回復。新雪にやられた!
13時20分シールを外して下山開始!滑り始めたら、超〜気持ち良〜い!テレマーク姿勢も充分!やがて登ってきた岩手の方達と会う。下山時に「一ノ腰に登りたくない!」とのこと。私がトラバースしてゲレンデに出るように進むので、そのトレースを下ったら?と提案!一応喜んでくれた!私の下山時のコースがそこで決まった。予定では別だったのだが・・・(内緒!)
順調に下ったが、下るにしたがって新雪が重くなる。ターンするのも辛くなる。頑張ると太ももが辛い!ゲレンデ左側の樹林帯によって日陰になった所は気持ち良く滑る。シャーっと音がしてザラメの典型!板が先に走って行って身体が付いて行かない!バランスを崩しながらも、今日は転倒無しだった(^^)/
14時18分下山。身体はボロボロだった。久し振りに超〜疲れた!寝不足もあるのか?スキーに付着した重い雪にやられたか?今日はゆっくり休もう・・・!明日からは雨だし・・・! 
尾根の1144m標高点付近でようやく森吉神社が見えた!  神社脇のピークに着いて登ってきた尾根を振り返る。 
今回歩いたコース(赤い線)青い矢印は歩いた向き。歩いた水平距離は約14.5km


B2016年4月26日(火)晴れ

前日(4/25)、田代岳に登ったら雪が少ない!森吉山はどうなっているだろうか?と心配になって・・・行くことにした。
今回は何となく、旧森吉スキー場側から松倉コースを登ってみることにした。
旧森吉スキー場に駐車場に車を駐めて、9時13分スキーを背負って出発。この時点で私の車だけだった。コメツガ山荘手前の林道を右に曲がって進む。所々雪があるが、ほとんど地面が出ていた。旧スキー場の右側のゲレンデ直下に着いて、スキーを履く。しかし、松倉コースの登山口までの林道は雪が融け、何度となくスキーを履いたり脱いだりを繰り返す。おかげで時間がかかった。松倉コース登山口には10時8分に着いてシールを履き、休憩の後10時20分に出発。しかし、雪解けが進み低灌木が出たり、土が出たりとあちこちウロウロしながら雪をつないで先へ進む。水が流れる垢離取り場を通過して登るが、足が重く汗が噴き出る。1050m〜1100mの間で旧ゲレンデに出る。更に登ると勘助道の標柱が頭を出していた。斜面を右へコースを取り、ようやく11時55分雲嶺峠に出て山頂を拝む。この時点でもうバテバテだった。森吉神社・阿仁避難小屋を通過して、ようやく13時丁度に山頂に着いた!何と言ったかは記憶に無いが、思わず声が出た!スキーを脱ぎ、ドカッと座ってコンビニおにぎりを食べた。シャリバテだったのだろうか?しばらくボーッとした。13時30分下山開始。阿仁避難小屋・石森・森吉神社を通過し、一ノ腰へステップ板だったのでシール無しで登った。14時16分一の腰の標柱に腰掛けて休んだ。さーあとは下るだけ!下るにつれて雪が荒れ溝をバウンドしながら苦戦!やっとの思いで14時48分車に戻った。やはり私の車だけだった。全コース今日のトレースも見当たらず。今日は私1人だったのだろうか?ちょっと淋しい森吉山だった。
松倉コース登山口  下山途中の一の腰から山頂方面を振り返った


C2016年5月7日(土)雨後晴れ・8日(日)曇り後晴れ・9日(月)晴れ

第43回秋田県 県北地区高等学校 総合体育大会 登山競技大会が森吉山域で実施されました。
1日目の7日は、森吉山ダム広報館で開会式の後、桐内沢集落跡地に移動し、森吉高原キャンプ場を目指して出発。
小雨の天気が徐々に回復して、テントを張る頃には晴れて日が差していました。
2日目の8日は、キャンプ場から様田コースで山頂を目指しましたが、強風と一の腰の下で雲の中に入り、視界が悪く1150m付近に集結。最後尾が着く頃には天気が回復し、阿仁避難小屋まで行くことになる。阿仁避難小屋周辺で休憩・昼食の後に下山開始。12時過ぎにはキャンプ場に戻った。
3日目の9日は、素晴らしい天気の中、ロッジ森吉で審査講評と閉会式を実施。大会は無事に終了。終了後、審査委員のナリユキ氏は森吉山頂へ向けて登って行った!
1日目のテント設営の競技 2日目の石森での集合写真 


D2016年 9月16日(金)曇り・17日(土)曇り一時雨・18日(日)曇り時々晴れ
第44回 秋田県 県北地区高等学校新人体育大会 登山競技大会に同行させていただきました。
大会日程は
1日目(16日)
開会式(森吉山野生鳥獣センター)
森吉山野生鳥獣センター・・・クマゲラ保護センター・・・小又峡縦走路入口・・・沼ノ沢・・・扇ノ沢・・・化ノ沢・・・小又峡・・・小又峡桟橋〜(遊覧船)〜太平湖桟橋〜(車)〜森吉高原キャンプ場泊
2日目(17日)
森吉高原キャンプ場・・・コメツガ山荘・・・一ノ腰・・・森吉神社・・・石森・・・森吉山避難小屋・・・森吉山山頂(集結)・・・山人平・・・ヒバクラ岳分岐・・・ヒバクラ岳登山道入口・・・大印展望所・・・親子キャンプ場〜(車)〜森吉高原キャンプ場泊
3日目(18日)ロッジ森吉
審査講評・閉会式

1日目は、15時の乗船に間に合わせるために、開会式を短縮して10時頃出発。危険箇所の多い小又峡への縦走路を、隊行動にして安全に進んだ。緊張を強いられる所もあったが、無事に15時の乗船に間に合った。私とナリユキ氏は三階の滝まで行ってきたが、時間の関係で本隊は三階の滝をパスした。15時前に船が出発。15時10分に桟橋に着いた。
2台の車に分乗して、出発地点にある車をピックアップ。森吉高原キャンプ場についた。時間が遅く、審査出来なかった項目もあった。1日目は、森吉山の山域を知り尽くしているFOJIさんに同行をお願いし、アドバイスをしていただいた。
2日目は、7時に森吉高原キャンプ場を出発。山頂には、9時3分能代工業Aパーティと大館鳳鳴高校Aパーティが同時に着いた。山頂は風があり寒い!ツェルトに入って最後尾のパーティを待った。その後、私とナリユキ氏は、山人平・ヒバクラ岳分岐を通ってヒバクラコースの登山口に着く頃には雨が落ちてきてカッパを着た。時折バラバラと雨が落ちてくる中、車道や活動基地管理道路を通って親子キャンプ場に着いた。キャンプ場では、2グループがタープを張って楽しんでいた。我々は最後尾のパーティを待った。最後尾のパーティが着いて、全員で森吉高原キャンプ場に向かった。審査は夜遅くまで続いた。
3日目は、ロッジ森吉に移動して、審査講評と閉会式を行った。県南地区の高校山岳部が、来年の全県総体の下見のために森吉山山頂へ向け登って行ったようだ。 
1日目:化ノ沢を下る選手  2日目:山頂は風が強く寒く、早く着いた選手は緑のツェルトの中