トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


@2016年1月30日(土)2人パーティ:阿仁スキー場ゴンドラ利用で山頂往復

A2016年2月11日(木)3人パーティ:阿仁スキー場ゴンドラ利用で山頂往復

B2016年3月30日(水)〜31日(木)高校山岳部の春山合宿に同行


@1月30日(土)晴れ時々曇り

私の日程と天気が上手くかみ合わず、なかなか今季初の森吉山登頂に至らなかった。1月の後半になり少し焦り気味だったが、ようやく登れそうな条件がそろいそうだ!しょうすけジュニアを誘い朝出発!
森吉山に近づくにつれて曇り空から次第に晴れてきた!阿仁スキー場に着く頃には青空になりテンションが上がった!
登山届けを出して、ゴンドラに乗る。日が差し白銀の山麓の風景や樹氷で白くなったブナがが美しい!ゴンドラ山頂駅に着き、スキーを履いて9時37分出発。何パーティーかほぼ同じ頃出発。石森からはシールをはずして連瀬沢に下降し、再びシールをつけて山頂へのドーム斜面をゆっくりと喘ぐ。11時ちょうどに山頂に着く。風も弱く、さほど寒くはない。東面に回り込むが雪が少ないためか、例年雪が積もり目立たない地形が今回は見える。少しシュカブラに覆われた東斜面を猛スピードで下るテレマーカーなど・・・私は斜面の中程までビビりながら下り、西側に向けてトラバースを始める。間もなく斜面の直ぐ上を反対方向にトラバースするパーティ!トップを行く人が手足の長いあの人(FOJIさん)のような?気がしたが・・・ガスで良く見えなかった!
連瀬沢に下り石森へ登り返し、新しく出来たゴンドラ山頂駅に併設されて出来た「ビジターセンターぷらっと」を目指した。着く頃にはガスも晴れ青空が見えていた。木造の木の香りのする新しい室内に入り昼食を食べた。「NPO法人・冒険の鍵クーン」の会長さんが居て、今日は当番だということだった。ゆっくり休んで、私にとっては修行のゲレンデを下り、ようやく13時43分下山することが出来た。
山頂への途中で石森方面を振り返る いよいよ山頂に近づく(山頂には数人の人影が見える)

A2月11日(木)曇り後時々晴れ

hontakaさんから誘いのメールがあった。あちこちに声をかけ、結局hontakaさん・原保さんと私の3人になった。
朝出発したが天気予報では、晴れになるのは夕方のようだった。それでも、この時期に晴れになるのは珍しいので気持ちは上向く。
今朝の地方紙に下山しないスキーヤーがいて、捜索隊が捜索に入ったというニュースが!
9時過ぎゴンドラに乗って山頂駅で降りたが、ガスで視界が悪い!新しく出来たビジターセンター「ぷらっと」で待機することにした。しかし、捜索隊の本部のような人達がいて、邪魔をしないように廊下で待機した。幾分空が明るくなり10時を過ぎて登り始める。石森を通過したがやはり視界が悪い。阿仁避難小屋で待機することにした。避難小屋の中には10名近い人が待機中だった。そこへ捜索隊が着いた。その中にFOJIさんもいた!お疲れ様だなぁと思ったm(_ _)m早く見つかれば良いが!
我々は昼ご飯を食べることにした。そうしたら、遭難者が自力下山したという情報が入った。ホッとして昼食を終え、出発の準備をした。外は時々明るくなり、山頂方向の樹氷もいくらか見えるようになった。12時を過ぎて山頂へ向かう。それまで待機していた人や登ってきた人達の列が続いた。30分余りで山頂に着き、写真を撮り、シールをはずして下ることにした。しかし、雪面の凹凸が見えず、雪も重めで何度もバランスを崩す!スキーでの滑走は全く面白くなかった!避難小屋下を巻いて石森の手前まで来てシールを装着した。石森に登り、ようやくシールをはずし下ることになった。石森からの尾根から少し下がった所で、ようやく視界も開け樹氷群が鮮明に見えた。これから先は長いゲレンデの下り。修行のひとときだった!
スキー場の駐車場に着いたら、なんと天気の良いことか!気持ちの良い空であった。暖かくなり、眠気と戦うようなドライブになりそうだった。ガスによる2度の停滞、捜索隊との遭遇、いろいろあった森吉山となった。
山頂の標柱前での記念写真 石森から少し下った所で視界が開けた

B2016年3月30日(水)曇り後晴れ〜31日(木)晴れ

2016年3月30日(水)曇り時々雪後晴れ〜31日(木)晴れ
森吉山で行われた秋田県県北地区高校山岳部の春山合同合宿に同行させていただいた。秋田県県北地区の高校山岳部はかつては沢山の学校に山岳部があったが、現在部員のいる学校は能代工業高校と大館鳳鳴高校の2校のみとなった。少し淋しいことだ!
阿仁スキー場に集合。生徒10名、顧問と顧問OBが6名。合計16名の参加だった。
30日(1日目)
初日は阿仁スキー場のピステンツアーを利用。スキー場山麓駅から山頂駅上の樹氷平まで輸送してもらった。樹氷平を10時55分出発。阿仁避難小屋泊なので1.5km弱の距離だった。曇り空だったが、視界は良く問題はなかった。ガスで視界が悪い状態を想定して、石森から避難小屋までは、コンパスで方位約130度の方向を目指して進むことにした。直線的に避難小屋を目指すと、どうしても連瀬沢から派生した小沢に下ることになる。その沢に下り、少し急な斜面を登り始めたら右へ右へと寄り始めた。右にはルートを示すサオやピンクテープが見える。顧問はそちらを歩いている。引っ張られてしまったのだ。何度もコンパスを見るように指示したがダメだった。他にも避難小屋を目指す方法は考えられるが、今回はコンパス利用を実施してみた。11時35分避難小屋に着いて昼食を食べることにした。天気が下り始め視界が悪くなった。間もなく単独行の男性が避難小屋に着いた。スキー場から登ってきた方だった。年齢は私より年上なのは確実だった。松本からいらした方で、20日ほどかけてこの辺の山を歩いているようだった。前日は秋駒で、森吉の次は八甲田へ行くようだった。
天気が悪化して、山頂までの歩行訓練は無理だったので、避難小屋の連瀬沢側の急斜面を利用して雪洞を掘ることになった。4つのグループに分かれて雪洞を掘った。ところが、17時を回った頃、急にガスが取れ始め空が明るくなった。来年度顧問をおりることになった澤口さんが1人で避難小屋からほぼ真東の方へと登り始めた。そのまま進むと山頂だ!私は、雪洞製作の指導を止め、澤口さんの跡を追いかけることにした。そうしたら、松本から来た方が私を追いかけて登り始めた。結局3人が山頂に登り、夕焼けに染まる西の空を拝んだ。18時を回って暗くなってきたので急いで下った。立派な雪洞は完成していた。残念だが、そのままにしておくのは危険なので、スコップで崩して穴を埋めておいた。暗くなって、小屋から出て空を見上げたら満天の星空だった!
31日(2日目)
朝起きて外を見たら、ガスで何も見えなかった。ゆっくり朝食を食べ、7時を過ぎたあたりから時々視界が良くなるようになってきた。山頂に向かう準備をして、小屋を出た。7時55分小屋を出発して、夏道どおりに登ることにした。登るにつれて急に天気が回復して青空になった。風はやや強いが、厳冬期に比べると楽だった。8時25分山頂に着き記念写真を撮った。我々が下り始めたら、松本から来た方が登ってきた。昨日の話では、北面を滑りヒバクラ岳あたりまで行って来るのかもしれない?この後は快適な春の雪山を楽しみながらスキー場駐車場を目指した。10時10分に下山。間もなくピステンツーのお客さんが出発して行った。
私は帰宅の途につき、途中で入浴した。その後、能代の丸亀製麺で昼食を食べて車に乗って出ようとしたら、歩道を見覚えのある高校生達が走っていた。どうしたんだ?と聞いたら、東能代付近で車から降ろされ学校まで走っているということだった。恐るべし!能代工業山岳部! 
初日の日没前に登った時の山頂の様子 2日目全員で山頂に登り生徒達だけの写真を撮った