トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


2015年9月27日(日)単独行:様田コースで山頂往復


9月27日(日)曇り後雨

<今回のコースタイム>
コメツガ山荘08:47→一の腰09:41→山頂10:35〜(昼食など)11:01→雲嶺峠11:57→
勘助道と登山道分岐12:17(旧ゲレンデを下る)→13:00コメツガ山荘


出不精になり、引きこもりになりそうだった!ご無沙汰していた森吉山の山頂を目指して家出することにした・・・?森吉山は4月29日以来だった!
能代の自宅を出たら朝日が眩しい!それも二ツ井手前までで、その後は朝霧のような天気!米内沢付近から日が差し始めてホッとした。
森吉山ダムを越え、コメツガ山荘前に車を駐め出発。私が着いた時には、1台しか無かった車が、出発する時には私の車を含めて4台になった。
樹林の中は冷やっとして気持ち良い!旧ゲレンデを横切り、樹林帯の登山道に入る。再度旧ゲレンデを横切り登山道を登る。一の腰に着いたら、雲の下に山頂部もしっかりと見えた。ただ、ずーっと雷の音が聞こえていた。音は遠いので大丈夫とは思っていたが、近づかないことを祈った。森吉神社・石森・避難小屋を通過して、10時35分山頂に着いた。展望は良くなかった。ヒバクラ岳さえ見えなかった。昼食には早かったが、食べることにして座った。次から次へと登って来る人がいた。昼食を終え下ることにした。下りでは、多くの登って来る人達とすれ違った。ゴンドラ効果だろう!避難小屋と石森の間で刈り払いをしている方達がいた。ご苦労様だ!
森吉神社に着いてお参りをし、ご神体の岩周辺をウロウロしていたら雨が落ちてきた。さっきまで見えていた山頂は雲の中に隠れて見えなかった。一瞬にして天気が変わってしまった。まだ小雨だったので雨具を着ることも無く進んだ。雲嶺峠からは松倉コースを下り、分岐から勘助道に右折した。途中から登りになり、旧スキー場のリフト山頂駅の跡地に出た。そこから登山道につながっていた。嘗て(古い話です)は、勘助道は登山道のもっと下の方で合流したはずだが、もうヤブになっているようだ。昔の看板(白く塗られたトタンに赤い字で書いた)があったはずだ!合流した登山道を下らず、旧ゲレンデに道があったので、どうなっているか分からないが下ることにした。雨が強くなったので、久しぶりに雨具を着た。旧ゲレンデ内にしっかりと道があり、ちょっとビックリした。誰が歩いているんだろう?登山道のようだった!コメツガ山荘近くまで旧ゲレンデを下ってしまった。13時ちょうどにコメツガ山荘に着いた。車は全部で6台あった。雨具を脱いで車に入った。雨は少し小ぶりになった。下りですれ違った多くの軽装の方々はどうしているだろうか?ゴンドラまで戻っただろうか?それとも避難小屋の中かな・・・と思いながら車を走らせた。阿仁前田の交差点に着いたら100kmマラソンのランナーがちょうど通過中!運転に気を使いながら、空港道路の交差点まで来てホッとした!走る力があったら参加したいものだが・・・?
一の腰から見た山頂方面(登りで) 山頂から一の腰(右)や森吉神社方面(中央付近)を見る