トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログ Cの記事のブログ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


@2015年1月14日(水)単独行:ゴンドラ利用山頂往復

A2015年2月21日(土)3人パーティ:ゴンドラ利用山頂往復

B2015年4月12日(日)2人パーティ:阿仁スキー場対岸の尾根コース

C2015年4月29日(水)単独行:旧森吉スキー場から山頂往復


@1月14日(水)晴れ

<今回のコースタイム>
ゴンドラ山麓駅09:40→09:58ゴンドラ山頂駅→10:28石森→11:20山頂(東面などをウロウロ)→12:20連瀬沢近く
(昼食後に登り返して1本滑る)→石森13:16→13:40スキー場駐車場


高気圧が移動してくる!寒気は後退した!山へ行くしかない!
森吉に決めて出発。車で向かっていたら眩しい!森吉山阿仁スキー場に着いても青空!サーフで来て隣に駐車したお姉さんに「すごい天気だね!」っと言われて、内気な私は「そうですね!」っとしか言えなかった。
そこへtakaさんが現れた!久しぶりだった。ゴンドラに乗りぐんぐん高度が上がり青空が大きくなるとテンションが上がった。ゴンドラ山頂駅で、スキーを履いて登り出したら、前方をtakaさんとsatさんが登っていた。汗を余りかかないように、いつもよりスローペースで石森に着き、シールをはずして連瀬沢へ下った。雪質はしっとりしていたが満足出来る状態。沢底からシールを付けて山頂ドームをハイクアップ。樹氷の間を抜け、夏道が横切る雪原に着いたら、雪質が怪しい?シュカブラも出始めてきた。今季初の山頂に着いて、男鹿市からいらした方とお互いに写真を撮る。さすが山頂は寒い!私はその後東面に向かったが、楽しく滑る状態では無かったので、Uターンして戻ったらtakaさんと会った。山頂ドームを、登ってきた方へ回って下る。ドームの中間付近から下の雪質は良かった。連瀬沢から少し上がった気持ちの良さそうな所で、どかっと座っておにぎりとカップラーメンを食べる。日が差し、風も無く気持ちの良いひとときだった。
takaさんも登ってきたので尾根まで登って、沢底まで1本滑った。登り返してそのまま石森まで進み下る準備をした。尾根から、再度滑るところだったtakaさんにストックを振って挨拶をして、私は下り始めた。途中でブログを見ていらっしゃるという方にお会いする。「石森までっ!」とテレマークスキーで登って行った。私はへっぴり腰でゲレンデを下った。車に着いて帰る準備をしていたら、登る前に話しかけられた隣のサーフのお姉さんが来て「今日は良かったね!お腹がすいたからあと止めることにした〜」っと親しげに話しかけてきた。口の中でもごもご何かを言おうとしたが、何を言ったかは覚えていない。クッキーやおにぎりがあったから、あげようかと思ったが、私の車はもう動いていた。
楽しい1日はこうして終わろうとしていた。能代までのロングドライブは上原ひろみの演奏を楽しんだ!自宅に着いたら、空は曇っていた。
山頂に着いて、男鹿市からいらした方に撮っていただく takaさん達に分かれて先に下山した

A2月21日(土)快晴

<今回のコースタイム>
ゴンドラ山麓駅09:30→09:55ゴンドラ山頂駅→10:15石森→11:08山頂(東面などをウロウロ)11:47→
12:23石森(昼食)13:00→13:25スキー場駐車場


21日は、週間天気予報で変わることなく晴天の予報だった。家に閉じこもっている場合ではないので森吉山と予定していた。
しょうすけJr.と2人で出かけた。阿仁スキー場の駐車場に着いたら、北嶋さんとバッタリ!山スキーを購入したらしく、行動を共にすることになった。また、ガイドのFOJIさんにも声をかけられた。今日は女性のグループをガイドのようだった。ゴンドラ山頂駅を下りた所でビーコンの確認をしていた。FOJIさんは、ペースを合わせてゆっくりと登って行った。
我々3人は気持ち良い晴天の中、9時55分にスタート。ほぼ無風、気温が高く、日差しがあり、2月なのに春の山のようだ。山頂へ向け登る人が数多く見える。石森通過後、連瀬沢へ一度下り、山頂ドームを登った。11時8分沢山の人がいる山頂に着く。展望も良く周囲の山々を写真におさめ、少し休んでいたら、聞き覚えのある声がした。なんと奥村大先輩がいた!久しぶりだったので、挨拶!久々にお会いしたのに、私が物理専門だったということでか?話題は物理学者の武谷三男氏の功績の話になった。相変わらずだなぁ!っと感心した。下るからと、細目のスキーでスーッとシュカブラの上を滑って下って行った。相変わらずスキーも上手だ!太平山何回登ったか聞いたが、正確な数字ではなく・・・くらいかな?っと私には応えてくれた。それも先輩らしい!久々にお会いすることが出来て嬉しかった。確か、私より10歳ほど年上だったはずだ。
我々は、東斜面の偵察に移動してみた。広大な斜面のかなり下部まで波打つシュカブラが見えガッカリした。下を見ながら耳に異常を感じたが、無風で周囲に何も音がなく、無音の世界だった!気を取り直して、山頂を巻くように西側に回り込んで下ることにした。下ろうとして、FOJIさんパーティーが登ってきた。平均年齢は私より高そうな女性達だったが、元気だなぁーっと思った。
山頂ドーム下部は比較的気持ち良く滑ることが出来たが、それより上部はとても気持ち良くとは言えなかった。少し降雪があって斜面の状態が改善しないかなぁ!と祈るのみだった。連瀬沢から登り返し、暖かい石森で昼食を食べた。石森からは一気に下り、少し腐りかけた雪になったゲレンデ下部で、靴のバックルが緩んでいることに気付いた。なんか今日は変だなー?と思っていたが、原因がコレだったんだぁ!注意力散漫になってきたとジュニアに言われるようになった自分に納得出来た・・・北嶋さんとお別れをして、我々も移動開始。鷹巣の縄文の湯に入って汗を流し、車のエアコンを止め、少し窓を開けて自宅の能代に向かった。窓から入る風に春の臭いを感じた! 
連瀬沢から山頂ドームを登る。
下部のモンスター(樹氷)は気温上昇と日差しで融け気味?
人でごった返す山頂で、3人でぱちり!

B4月12日(日)晴れ

<今回のコースタイム>
阿仁スキー場駐車場08:06→松倉沢の橋09:28→林道から沢へ09:45→阿仁避難小屋のある雪原11:28→11:55山頂(昼食)12:42→松倉沢の橋13:29→14:14駐車場


私の山のパートナー(特にザイルパートナー)であるhontakaさんと天気が良さそうだから何処へ行こうか?っとメールでやり取り・・・
結局、彼の未踏のルートということで森吉山のバリエーションルートへ!8時に阿仁スキー場で落ち合うことにした。
8時前に着いて準備していたら、彼もやって来た。リフト乗り場横に車を駐車して8時6分出発。ゲレンデを登り(リフトとゴンドラは営業していない。キャビンによるピステンツアーは行っている)、林道に入る。久々に戸鳥内からの夏道を横切ったが、案内の標柱は、まだ雪の下なのか?確認出来なかった。そのまま林道を進む。日陰の雪はまだ硬い。登り初めて1時間半近くなって、ようやく松倉沢に架かる橋を渡る。対岸に渡り、林道を進み、間もなく林道から沢を登り始める。広いブナ林になり、ブナ林の中を登り、徐々に尾根上になる。976m標高点でゆっくりと休む。徐々に暑くなってきた。登り始めると汗がしたたる。尾根上のブナは消え、アオモリトドマツが何本か散見するようになり、雪だけの尾根になる。喘ぎながら、ようやく阿仁避難小屋のある雪原に着く。山頂に沢山の人影が見える。ヨレヨレになって11時55分山頂に着く。遠望は霞んでいた。写真を撮り、ゆっくり昼食を食べる。東面や北面の滑走はバテバテの2人には無理だった。
12時42分山頂から下ることになった。シャーベット状になった雪は快適な滑りを提供してくれた。気持ち良く一気に滑り降りた。登った尾根を下り、13時19分に林道に出た。少しの下り、少しの登りを繰り返す林道をステップ板で進み、更にゲレンデを滑り降りて14時14分駐車場に着いた。
車に荷物を積み、少し世間話をしてhontaka氏と分かれた。私は、温泉に入ろうかどうか迷ったが、以前イヤな思いをしたクインズ森吉はパスして、鷹巣の縄文の湯に入った。さあ今度は何処へ行こうか?
尾根が大きくカーブして間もなく阿仁避難小屋のある雪原になる
hontakaさんが登って来る 
山頂で記念の写真 


C4月29日(水)快晴

<今回のコースタイム>
旧森吉スキー場駐車場08:45→一の腰09:57→森吉神社10:14→山頂11:04→11:10東斜面上部(昼食)11:46→
森吉神社12:32→一の腰12:58→13:25駐車場


何処へ行こうか迷っていた?鳥海山へのお誘いもあった・・・決定的なのはFOJIさんのFBへの投稿でした!直ぐに森吉山に決定し、準備をした。
朝、眩しい太陽を前方に見ながら向かった。旧森吉スキー場駐車場に着いたら、もう車が数台駐まっていた。その中に見覚えのあるカラフルな外車が!わざと隣に駐めた。会えるかな?・・・
8時45分出発。雪解け水が流れる所を越えると間もなく雪があり、そこからスキーを履く。ステップ板なのだが、古いシールを付ける。登山靴に山スキーを履いていた頃のシールだ!雪が沈まないので順調に登り、汗をいっぱいかいて9時57分一の腰に着く。山頂部だけ雪が無い。そのまま森吉神社に向かい、神社を過ぎてから連瀬沢に下った。神社からはノーシールでも山頂まで順調だった。11時4分山頂で写真を撮して、東面に移動。東面上部でドカッと座って昼食を食べた。日差しを強く感じ、暑い!ノンアルでも持って来て雪で冷やして飲むと最高だっただろうに!
東面を気持ち良く下り、暑いためか?もう一本とは思わなかった。斜めに来た方へ登りながら戻った。連瀬沢に下り、神社まで戻り休憩。暑い!ゴンドラが動いているはずなのに、この天気でも山はひっそりとしている?どうしたんだろう?数人の人しか見かけなかった?何だか不気味に感じた・・・
一の腰に戻ったら、山頂のベンチに横になっている人が居た。何と!高松さん!久しぶりだった!高松さんはBCクロカンで登ってきたようだ。一緒に下り、その様子を見ていたら難しそうだった!私には無理だと感じた。衝動買いしなくて良かった・・・
駐車していた車に着いたら、隣の車は既になかった。高松さんの話だと、一の腰で1時間ほど先に下ったとか・・・速い!
パンダを拝めなかったので、高松さんの外車を拝んだ!
山中では携帯が忙しかった。ナリユキさんから鳥海の山頂に着いたよ!っと森吉神社に着いた頃に電話が来た。相変わらずスピード登山をやっている!二男からは荷物を4個送ったというメールが来た。ある人が結婚したんでは?っというメールもあった。お祝いをしなければ!
暑かったので、温泉に入る気分にはならず、エアコンをかけながら帰路についた。車の表示の外気温は、北秋田市周辺では29度だったが、能代の自宅に着く頃には23度になっていた! 
下りの途中、山頂方面を眺めながら森吉神社前で休む  暑くてぐったりしながら山頂でパチリ