トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ  Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点


@2014年5月9日(金)〜11日(日)高校生の大会に同行

A2014年6月7日(土)〜10日(火)高校生の大会に同行

B2014年10月4日(土)森吉山山頂方位盤設置の荷揚げに参加して


@第41回秋田県・県北地区高等学校総合体育大会・登山競技大会に同行して・・・
大会日程(予定)
1日目(5/9)
開会式10:30〜11:00(森吉山ダム広報館)・ペーパーテスト11:00〜11:20・車での移動11:30〜12:00
桐内沢出発12:30→高畑13:00→松倉登山口(林道)14:30→15:30森吉高原キャンプ場:幕営
2日目(5/10)
森吉高原キャンプ場07:00→コメツガ山荘07:20→一ノ腰09:00→森吉神社09:20→石森09:30→九合目避難小屋09:40→
森吉山山頂10:10集結〜11:10出発→九合目避難小屋11:40→石森11:50→森吉神社12:00→一ノ腰12:10→コメツガ山荘13:40→
14:00森吉高原キャンプ場:幕営
3日目(5/11)
指導講評08:00〜09:00  閉会式09:00〜10:00



5月9日(金)曇り時々雨
左足の怪我から2ヶ月弱、長靴を履いての参加でした。登るスピードに自信が無かったので開会式にも出ずに、早めの10時半過ぎにもう1人の審査委員と2人で桐内沢にあった集落跡地を出発して高畑集落跡地・松倉登山口を通って、ゴールの森吉高原キャンプ場まで歩きました。森吉高原キャンプ場に着いて、駐めてあった車で下り、桐内沢に駐めてあった車に乗って戻ったら、トップの選手が着いていました。時々雨の降る天気で濡れて到着し、寒かったので、早々にテントを張りテント内に入りました。トップで着いた選手の話だと、コメツガ山荘への林道との分岐付近で樹に登っているクマを見たという話でした。この日は気温が低く、濡れた身体でキャンプ場にいるのは寒くて大変でした。

5月10日(土)曇り・霧
ひとり4時50分に旧スキー場駐車場から山頂を目指して出発しました。ところがガスが濃く視界が悪いため、現在地確認には苦労しました。一ノ腰を6時10分通過して雪原を進みましたが、視界が悪く選手は大変だろうと考えていたところ、競技は森吉神社までということで、森吉神社避難小屋で待機しました。全員そろったところで、避難小屋から隊行動で下りました。風が弱くガスは晴れませんでした。夕方から空が明るくなり、夜には星空になりました。

5月11日(日)晴れ
ロッジ森吉内で審査講評と閉会式の予定でしたが、天気が良いのでロッジ前の外で行いました。皮肉なもので大会が終了すると天気が回復するのがここ数年続いています。大会終了後、審査委員のナリユキ氏は山頂を目指してひとりで登って行きました。車は10台近く駐車していました。
一ノ腰のベンチにはうっすらと雪が積もっていました
昨日の雨は、ここでは雪だったのでしょう
一ノ腰からの雪原を登ると、目の前に森吉神社が現れました


A第60回秋田県高等学校総合体育大会登山競技大会に同行して

秋田県の高校生の登山競技大会が森吉山域で実施されました。その大会に同行させていただきました。
参加生徒は、審査対象が男子68人(18パーティ)、女子13人(4パーティ)、オープン参加が男子52人(14パーティ)、女子3名(2パーティ)で、合計136人の参加でした。役員(顧問等)・審査委員が合計40人でした。

<大会日程>
第1日目:阿仁前田の四季美館で開会式を実施して、桐内沢に移動。桐内沢(桐内沢集落跡)からスタートして高畑・松倉登山口・森吉高原キャンプ場まで歩き、キャンプ場で宿泊。
第2日目:森吉高原キャンプ場からコメツガ山荘・一ノ腰・森吉神社・石森・阿仁避難小屋・森吉山山頂までの往復で森吉高原キャンプ場に下山して宿泊。
第3日目:森吉高原キャンプ場から松倉登山口・雲嶺峠・森吉神社・石森・阿仁ゴンドラ山頂駅・ぶな帯・林道出会い・林道・阿仁ゴンドラ駐車場でゴール。バス移動で北欧の杜オートキャンプ場に移動し宿泊。
第4日目:北欧の杜パークセンターで審査講評と閉会式で終了。
当初の予定では、2日目が山頂を越えヒバクラ岳から下って親子キャンプ場に宿泊し、3日目は親子キャンプ場からノロ川経由で小又峡を下り、太平湖を船で渡ってゴールの予定でした。しかし、西ノ又沢付近の道路の橋の地盤が危険で通行止めになり、急遽コースを変更しての大会になり、奥森吉方面に行くことが出来なくて大変残念に思いました。

大会期間中、少し雨が降ったりはしましたが概ねまずまずの天気に恵まれ順調に大会は進行しました。
ただ、10日(火)の昼近くに閉会式を実施していたら、森吉山方面が真っ黒になり雷が頻繁に鳴り始めました。閉会式終了後になり雨がぽつぽつ降ってきて、自宅へ帰る途中は大粒の雨が落ちてきました。山に居る時でなく良かったなぁっと思いながら帰宅しました。
大会は男子の上位パーティの戦いが激しく、審査をしていてこちらも緊張していました。高校生の若いエネルギーをもらうことが出来た大会でした。ただ、一ノ腰の下りの悪路で悪い方の足首をひねり、同じ所を再度痛めたので、リハビリ登山を続けなければならなくなりました。
山頂に向けて石森の雪渓を進むオープンパーティ 阿仁ゴンドラ山頂駅から登山道に入って下るオープンパーティ


Bみんなで作る森吉山山頂方位盤設置ボランティアに参加して
10月4日(土)曇り一時霧雨・霧で展望無し

<通過時刻>
阿仁ゴンドラ山頂駅舎09:48→森吉山山頂10:56
森吉山山頂11:30頃→森吉神社避難小屋(昼食)→13:10頃阿仁ゴンドラ山頂駅舎


「みんなで作る森吉山山頂方位盤」の荷揚げに参加させていただきました。
実施目的に、
「森吉山まるごと観光プロジェクト(未来づくり協働プログラム)」に関連した取り組みとして森吉山山頂方位盤を整備するにあたり、森吉山に関係する方々で資材運搬の一部を担い、地域に愛される施設整備とすることを目的とする。
っと書かれていました。
登山愛好者として、大変参加しやすくわかりやすい事業でした。森吉山には、高体連登山部会に関わってきた者として、昭和59年の秋田インターハイ以前からお世話になってきたので、申し込み締め切りを過ぎていましたが、お願いして参加させていただきました。
このような事業は、登山愛好者としては大賛成!このようなボランティアならいくらでも参加したいものです。
8時前に阿仁スキー場駐車場に着いて、8時半の受け付け開始を待つ。間もなく五十嵐さんやかずっちさんが到着。更に、本荘山の会の今野さんと多賀谷さんが来る。遠い所ご苦労様ですm(_ _)m
受付をしたら、写真のような黄色いカードを渡された。これがあるとゴンドラに無料(個人負担無し)で乗る事が出来ました。
ゴンドラ山頂駅を降りた所で荷揚げの石(約13kg)をザックに詰めて登り始める。60人を超えた人達の行列だった。汗をかきながら山頂に着き石にサインをして、記念写真を撮り工事している方に渡した。早速、台座作成に積み上げられていた。重そうな金属製の方位盤には山だけでなく、目立つ施設なども載っていた。明日には完成するようだった。森吉山山頂の風景が1つ変わることになった。
阿仁避難小屋に立ち寄ったら、1階のトイレへ土足でも入れるように工事をしていた!
下りの途中で森吉神社避難小屋に寄って鴻池さんの壁画がバージョンアップしたのを確認し、昼食を食べた。多くの人が小屋に立ち寄っていたが、FOJIさんなどの地元の方々に挨拶をして下山した。
ボランティアに参加させていただき、天気には恵まれなかったけど、すがすがしい気持ちで帰路につくことが出来た。。
山頂へ背負い上げた石に記名して記念写真を撮った(山頂にて) 設置されることになった金属製の方位盤(山頂にて)