トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点

@2013年12月18日(水)晴れ時々曇り:単独行

A2014年2月12日(水)晴れ時々曇り:単独行


@12月18日
<コースタイム>おおよその時刻です
阿仁スキー場ゴンドラ山頂駅10:15→石森10:31→阿仁避難小屋10:48→11:15山頂(昼食)12:24→12:45石森→13:15駐車場

天気予報に誘われて、おもむろにメンテの行き届いていないスキーやブーツを車に積む。天気が予報通りでなかったら、ゲレンデで遊ぼうと開き直り!案の定、能代では晴れていたが二ツ井を通過するあたりから曇り空になり見通しも悪い!阿仁前田が近づいたら空が明るくなり、森吉山も見え始めた。少し元気が出た。 阿仁スキー場に着く頃にはすっかり晴れて良い天気だった。
準備して9時40分頃ゴンドラに乗る。人はまだそんなに多くない。登るにつれて初スキーの期待が膨らむ。ゴンドラ山頂駅に着いてスキーにシールを貼り出発。ゲレンデから外れて登るが雪は硬く埋まらない?しかし、力いっぱい雪を踏むと表面が割れて厚いモナカのような状態。 深雪に苦労することも無く、順調に登り11時15分山頂に着く。風が無い!その分寒さを感じない。展望もすばらしい。時間が経つと山が近くに見えるようになる。鳥海山や月山、早池峰や秋駒、八幡平、岩手山、北側の岩木山や青森県との県境の山々!大展望だ! おにぎりを食べなて、景色に見とれていたら、山頂の直ぐ下を巻いて行く人が・・・FOJIさんじゃないか!久々だった。少し立ち話をする。南斜面へ偵察に向かうFOJIさんと分かれて下ろうとしたら、山頂から私を呼ぶ人が?何と松本さんか!久しぶりだった。一緒に写真を撮る。
青空を薄雲が覆いかけてきて雪面が見えにくくなり、お先に下山することに・・・やはり見えにくかった。今季初の滑走は思うようにならない!安全に下るだけで精一杯!シールを付けるのが面倒で、阿仁避難小屋の連瀬沢側をまく。石森との鞍部に出るが、そこでもシール装着が面倒で、そのまま石森まで頑張る。後はゲレンデまで一気に下り、硬雪のゲレンデに何度も打ちのめされながら・・・13時15分、バランスを崩しながら、ようやくスキー場駐車場に着いた。それでも程良い疲れで満足して帰路についた。縄文の湯はパス、いつものアイスやコンビニコーヒーもパスして自宅に着いて車の泥を洗い流した。
阿仁避難小屋と山頂ドーム(穏やかな天気!) 山頂で松本さんのカメラで
(松本さんからいただいた写真)


A2月12日
<コースタイム>おおよその時間です
阿仁スキー場ゴンドラ山頂駅9:40→10:03石森10:10→連瀬沢→11:00山頂11:20→東斜面1本滑走→北斜面1本滑走→
連瀬沢→12:45石森13:00→13:20駐車場



天気予報に晴れマーク!こんな時は逃されない!特別用事も無かったから森吉山へ・・・
9時のゴンドラにあわせて自宅を出発。途中、二ツ井の七座山に滝雲がかかっている!写真を撮ろうと思ったが・・・我慢。まず先を急ごう!
9時頃着いたら、私のように暇な中高年が沢山!ザックを背負っている人が多い!ゴンドラ券を購入したら「登山手続きを!」と言われ事務所へ・・・今日の1番だったが、さっきゴンドラへ行った人達は?明らかに登山と思われる人達が沢山いたが?「まあイイヤ!」つべこべ言わず気持ち良く!せっかくの天気だ!
ゴンドラに乗って登って行くと「ワクワクする!」こんな気分は久しぶりだ!
9時40分混雑するゴンドラ山頂駅から出発。登りながら、先日の田代岳より雪が多いな!っと感じた。先行者が何人か見える。石森に着いて、シールをはずして連瀬沢へ・・・オー!このパウダーは滑らないぞ!っと感じた。景色を楽しみながらゆっくり山頂ドームを登る。山頂が近くなったがノントレースなのでアレッと思ったら後方にスノーシューの人が数人見えた。山頂に着いたが風が弱い!これだったら、もしかして東面はパウダー?行動食を食べていたら数人の人が着いた。お互いに写真を取り合って・・・「オレ男鹿から来たけど、どこから?」と聞かれて「はい!能代です」と応えたら「今シーズン4回目だ!今日は山頂まで1時間40分だ!」っと畳み掛けるように言って間もなく下山して行った。
私はサックを背負い、東斜面の偵察へ・・・何と!一応パウダーに被われているじゃないか!このデカい、ノントレースの斜面を滑るのは気が引けた。思い切って滑走開始!うむ?スピードが思ったほど出ない?しっとり系のパウダー・・・でも、これが私にはちょうど良い!かなり下まで下ってしまった。振り返ったら、登らなければならない大斜面が広がっていた。一応スタート地点まで登り返して、もう1本っとは思えなかった。疲れた・・・体力衰えました(>_<)北斜面に移動して、短いところをもう一本!調子良いぞ!でも欲張ると太股痙攣がおこりそう。山頂ドームをトラバースして連瀬沢へ下り、最後の登りを頑張った。石森に着いて、ホッとしておにぎりを食べた。あとはゲレンデの下りで疲れ、13時20分駐車場に着き、スキー場事務所で下山報告をして・・・鷹巣の縄文の湯に向かった。車の中は、エアコンを切っても暖かかった・・・楽しいバックカントリースキーを(歳相応に)満喫した1日だった。森吉山バンザイ!
石森から山頂を仰ぐ、写真右端に秋田駒ヶ岳が見える 山頂から登ってきたコースを振り返る
阿仁避難小屋・ゴンドラ駅・石森・森吉神社(右端)が見えた