トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
森 吉 山
2013年9月6日(金)〜8日
第41回秋田県 県北地区高等学校新人体育大会 登山競技大会に同行して

<大会日程>
9月6日(金)曇り
開会式(奥森吉 青少年野外活動センター)〜車移動〜
クマゲラ保護センター→ノロ川林道出合い→沼ノ沢→扇ノ沢→化ノ沢→三階の滝→化ノ沢→小又峡桟橋→(太平湖)→太平湖桟橋→
太平湖グリーンハウス〜(車移動)〜森吉高原キャンプ場
9月7日(土)曇り時々雨
森吉高原キャンプ場→コメツガ山荘→一ノ腰→石森→森吉山山頂(集結)→山人平→ヒバクラ分岐→ヒバクラコース登山口→
車道→大印展望台→親子キャンプ場〜(車移動)〜北欧の杜オートキャンプ場
9月8日(日)曇り時々晴れ
審査講評・閉会式(北欧の杜パークセンター研修室)

第41回秋田県・県北地区高等学校・新人体育大会・登山競技大会に同行させていただきました。
事情があって初日は夕方から同行させてもらいました。初日のコースだったノロ川から小又峡・太平湖のコースは歩くことが出来ませんでした。前回下見に同行した時のページをご覧ください。
大会当日、選手の安全のために化ノ沢の下りポイントで補助ロープ設置中の顧問の先生が、蛇に手を噛まれ、ポイゾンリムーバーなどで対応したが手が腫れてきて、船で太平湖を渡ってから北秋田市民病院に行き入院という結果になってしまいました。そのように役員の先生達が忙しくしている所に私が到着ということになりました。森吉山麓の妖精の森にある森吉高原キャンプ場で、暗くなってからようやく合流することが出来ました。
翌日(7日)はいよいよ山頂越えの日です。我々は選手出発より1時間以上早く早朝に出発しました。コメツガ山荘からの登りのコースはしっかりしていますが、6合目の標柱(林間から旧ゲレンデに出る所)から尾根の登山道に入るまでが少しヤブになっていました。登って行ったら勘助道の分岐がありましたが、そこにある標柱に「1008m」と書かれたアクリル板が固定されていました。明らかな間違いなのではずして欲しいと思いました。もしかして下の方から移設したのかな?と思いました。ドライバーがあったのではずしても良かったのですが、県で設置したものなので・・・。勘助道の方はきれいに刈り払いをしたようでした。一ノ腰から先も、きれいに刈り払いや木道設置がなされ快適な道になっていました。エゾリンドウやアキノキリンソウは見頃を迎え登山道脇に沢山咲いていました。湿地付近にはシラネニンジンが可憐な花を咲かせ森吉山にこんな風景があったのかと思わせてくれました。夏の花もいくつか咲いていたり、小さな実を付けた花もあったりと、思いがけない花の旅をnariyuki氏と楽しみながら歩きました。この日はキャンプ場からコメツガ山荘を通り、山頂からヒバクラコースを下って親子キャンプ場までの予定でしたが、急な事情が発生して、ヒバクラ側には進まず、山頂から森吉神社避難小屋へ下り、昼食後コメツガ山荘に下ることになりました。コメツガ山荘に下山後、すばらしい環境の北欧の杜オートキャンプ場に車で移動して宿泊しました。
最終日は、広々とした北欧の杜のパークセンターで審査講評と閉会式が行われました。
一ノ腰から山頂ドームを見た
(この時は良く見えていたが、この後層雲が覆い始めた)
山頂に一番で到着してきた能代工業の選手達
(森吉高原キャンプ場から2時間2分)
急遽山頂から下山する選手役員 シラネニンジンの群生地
(白く小さな花:この写真では良く見えないかも?)