トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
森吉山:ノロ川から小又峡へ
2013年8月25日(日)高校山岳部の皆さんに同行
下に地図があります!
8月25日(日)曇り時々雨

<コースタイム>
ノロ川橋06:49→林道出会い07:27→小又峡沼ノ沢降り口07:33→沼ノ沢07:45→(途中で休憩)→化の沢10:08→10:35三階の滝10:40→
11:00がま渕手前で昼食11:30→12:00過ぎ乗船→(太平湖)→12:30下船→12:35グリーンハウス

県北(秋田県)高校登山部が登山大会の下見に金曜日から森吉山へ行くと聞いていた。日曜日にはノロ川から小又峡へのコースを歩くと言っていたので、同行することにして日曜日の早朝自宅を出発。奥森吉の親子キャンプ場で合流。クマゲラ保護センターのあるノロ川へ移動し、車を置いて出発。車を出た所で蚊の襲撃!身体のあちこちから献血しながら沼ノ沢下降地点辺りまで歩いたら少しおさまった。私は、幸いにもザックに入っていたネットをかぶって顔などは防ぐことが出来た。このナノモスキート・ヘッドネットは視界を妨げず、大変コンパクトで重宝しそうだ!
雨が降る中を沼ノ沢へロープに支えられながら下降し、対岸を登り返した。相変わらずネズコやキタゴヨウがすばらしい。尾根の上を進み、途中落雷で焼け焦げた何本かの大木を見て驚きながら扇ノ沢へ下降。この辺から国土地理院の地形図とコースが少し違う。次の小沢を通過して、いよいよ小又峡へ合流する化ノ沢を目指して痩せ尾根を下る。途中、尾根の上から六階滝の一部が見えた。2カ所に設置されていた新しい鉄製の階段を下り、更に化ノ沢の中を恐る恐る下降して小又峡の道に合流した。三階の滝まで進み写真を撮る。小又峡を歩いてきた方達に、次の船は12時だと聞き、がま渕手前の岩の上で昼食を食べる。時間を考えて少し早めに桟橋に向かい船を待つ。やがて船が来て乗船。しかし以前にもあったちょっとしたトラブル。でも、何とか18人が無事乗船して太平湖を渡ってグリーンハウスに到着。顧問と私は車を取りに、下回りしてくれた車でノロ川へ移動。着いたらやはり蚊が!顧問の先生達は生徒のいるグリーンハウスへ、私はひとり入浴しようと森吉山荘へ向かった。この後もポツポツパラパラ降る雨は阿仁前田まで続いた。前田のコンビニで買ったアイスでなくコーヒーが美味しかった。

※グリーンハウスから小又峡へ往復乗船する場合は問題ないと思うが、ノロ川から下って乗船する場合は十分配慮が必要のようだ。クウィンス森吉かグリーンハウス(電話は衛星電話なので使用量が高いかも?)へ事前連絡の必要があるようだ。北秋田市の観光サイトにある太平湖のページには、遊覧船の運航時間が1時間毎とあるが全く違うようだ。

※今回のコースと逆コース(小又峡からノロ川へ)で歩いた時の記録(2010年8月19日)もご覧ください!
雨の中、扇ノ沢へ向けて痩せ尾根を下る 慎重に化ノ沢を下る高校山岳部諸君

今回歩いたGPSによるコースを示しました。
沢の中もあり衛星電波が弱く不正確な部分もありますm(_ _)m