トップのページへ 秋田県内の山 @記事のブログへ A記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点

@2013年5月10日(金)〜12日(日)高校生の大会に同行

A2013年5月25日(土)晴れ後曇り:2人パーティ


@5月10日〜12日
10日:晴れ
第40回秋田県・県北地区高等学校総合体育大会・登山競技大会が森吉山で行われ、私も同行させていただきました。
初日の10日は森吉山ダム広報館で開会式を行い、桐内沢集落跡に移動し、登山開始。高畑集落跡付近を通過して松倉登山口から林道を妖精の森にある森吉高原キャンプ場まで歩いた。林道は全面雪だった。好天に恵まれ、暑くて汗びっしょりになって歩いた。

11日:曇り
翌11日はキャンプ場からスキー場跡の駐車場を通り、旧ゲレンデを登り一ノ腰を通過して森吉神社避難小屋まで歩き集結。休憩後同じコースを下山した。
12日:曇り後小雨
最終日12日は、ロッジ森吉で審査の指導好評の後、閉会式が行われた。
2日目の森吉神社避難小屋往復の日は曇りで風が強く山登りのコンディションとしてはまずまずだった。下って旧ゲレンデ下部辺りからポツポツ雨が落ちてきた。青森県から来たという男のスキーヤー1人とほぼ同じ時間帯に登った。森吉神社避難小屋から下山を始めたら間もなく登ってきた男女5人ほどの熟年パーティとすれ違った。秋田市からいらしたと言っていた。
私はスキーで登下降したが、例年になく大雪の全面雪におおわれた斜面は楽しく滑らせていただいた。

13日:曇り
森吉ロッジの和室を借りて審査講評と閉会式が行われた。
一ノ腰に着いた大会役員 森吉神社避難小屋前で下山準備中の大会役員


A5月25日
<コースタイム>
旧森吉スキー場駐車場08:57→10:27一ノ腰10:43→11:56山頂12:52→13:52一ノ腰13:57→14:27駐車場

久々に森吉山へhontaka氏と出掛けました。週間天気予報では良かったのだが、直前には高気圧の縁を回り込んで南下してきたヤマセにより曇りがちな天気になるという予報になった。
それでも北欧の森の道路を走りながら新緑の向こうに森吉山がくっきりと見え、気持ちを良くしてアクセルを踏んだ。
コメツガ山荘へは残雪で行けなかったので、旧森吉スキー場駐車場でhontaka氏と合流して、9時少し前に出発。
薄日が差し暑い!私は冬用のアンダーウエアー1枚、hontaka氏はTシャツ1枚。それでも暑い!風が無く汗をかきながらコメツガ山荘脇を通過してから背負っていたスキーを履いた。そこへショートスキーを履いた方が下ってきた。雪が解けた所には一面キクザキイチゲとフキノトウが咲いていた。
雪が消えた一ノ腰山頂に着いた時には大パノラマが広がっていた。空には高層雲が見られたが青森県との県境の山々や白神岳などの白神山地の山々、岩木山、八甲田連峰が・・・そして森吉神社方向には鳥海山がくっきりと見えた。
ひと休みして先へ進んだ。車が何台かあったが人とは会わなかった。阿仁避難小屋周辺の雪原に乗っかった所で鳥海山の左奥に白く高い山が!月山だろうな!大展望だった。
山頂ドームの登りは、雪が解けて登山道が出ている所もあった。雪を求めて北方向へは回り込まずに、山頂から南西に延びる沢の雪をたどり山頂へと登った。出来るだけ山頂に近い所と思って辿ったが、ヤブになったので、少し下って登山道と交叉している所からスキーを脱いで山頂へと登った。風は微風で寒くない!ゆっくりと1時間ほどかけて昼食を食べたり展望を楽しんだり・・・東斜面の滑走のことは頭から消えていた・・・っと言うより止めることにしてのんびり休んだ!
13時近くになって下山開始。楽しいスキーは山頂ドームの下りだけだったような気がした。一ノ腰から下はなかなか手強い雪面との戦いになった。やはり東面滑走か・・・!阿仁前田のコンビニ前のベンチに腰掛けて、アイスを食べながら、ゴンドラ運航が始まる6月8日以降にゴンドラを利用して行くことを約束した。

岩木山や田代岳などをバックに一ノ腰直下を登るhontaka氏 山頂から八幡平・岩手山・秋田駒ヶ岳を望む