トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
森吉山一ノ腰(1264.5m)三等三角点


2012年11月25日(日)単独行:曇り後晴れ

<コースタイム>
コメツガ山荘09:15→11:26一ノ腰(昼食)11:52→12:43コメツガ山荘

久々に安定した天気のようだったので・・・秋田八幡平スキー場に初滑りに行こうかと思ったが・・・日曜日で天気が良いからスキー場は混むだろうと思い、森吉山へ行くことにした。一応スキーも車に積んで出掛けた。
森吉山ダムに架かる橋の上は白くなっていたが、思ったより雪が少ないと思った。妖精の森(旧森吉スキー方面)への道を徐々に登るが車に障害になるほどの雪ではなかった。途中から左折してコメツガ山荘への道に入る。軽トラックが通ったようなわだちがあり、タイヤが雪をかきわけるためにガサガサと音を立てながら進む。山荘下の駐車場に着く。当然ながら、車は無く雪の上に車が走った痕跡もない。
雪の状態を見てスキーは無理だと判断。スノーシューを持って来なかった事が少し心に引っかかったが、つぼ足で出発。ズボズボ埋まり歩きにくい、でもそんなに深い雪ではなかったので順調に進み、樹林帯の登山道ではなく、旧スキー場のゲレンデを登る。次第に雪が深くなり時々立ち止まって休む。やがて樹林帯から出てきた登山道に合流。ゲレンデを横切って左の樹林帯の尾根道に入る。数日前か?つぼ足で歩いた跡があったが、尾根道になって少し登った所で引き返したようだ。その先が大変だった。ロングスパッツを付け、行動食を食べる。ヅボッと腰まで埋まる所もある。何度も喘いだが、GPSを見ると思ったより先へ進んでいない。スノーシューがあれば少しは楽だっただろうに!っと後悔する。アオモリトドマツの樹の側は雪が硬くなっていて比較的埋まらない。11時26分ビッショリ汗をかいて一ノ腰に着く。山頂ドームは雲の中だった。ゆっくり昼のおにぎりを食べた。時々日が指すと気持ち良い!せめて森吉神社の避難小屋までとは思っていたが、一ノ腰から先はつぼ足ではきつそうだと思い断念!汗が冷たく感じ、寒くなってきたので下山しようと思っていたら、山頂部が見えてカメラを向ける。下りは比較的楽だ!旧ゲレンデを横断して樹林帯の中のコースを歩いて12時43分無事にコメツガ山荘に着いた。まあ程良い運動だった。今晩から天気が下るようだから、いよいよスキーのメンテナンスでもやろうか・・・
今回は、初めて購入したモンベルのスーパーハドロブリーズの上下を着てみた。ゴアテックスのウエアとの差はそれほど感じなかった。ゴアの製品の半値以下なので、リーズナブルではあったが、性能はどうなのかこれからも試してみたい。マウンテンハードウエアなど数社からオリジナルの素材を使ったウエアーは出ているがモンベルの製品ほど安くはない!
一ノ腰に着いてセルフタイマーで!
私の背後に見える山頂ドームは雲の中だった
下ろうと思っていたら、雲が切れて山頂ドームが見えた
下っていたら天気が良くなり、
ブナの樹に付いた霧氷が一段ときれいだった
下っていたら田代岳の左側に岩木山がくっきりと見えた