トップのページへ 秋田県内の山 @記事のブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ Cの記事のブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点

@2012年4月13日(金)曇り後晴れ:単独行<初コースに挑戦>

A2012年4月29日(日)晴れ:単独行<阿仁ゴンドラ利用東面滑走>

B2012年5月20日(日)快晴:2人パーティ<ヒバクラコ−スから東面滑走>

C2012年6月14日(木)曇り時々晴れ:単独行<阿仁ゴンドラ利用東面滑走>



@4月13日(金)

<コースタイム>おおよその時間です
阿仁スキー場駐車場08:51→10:15松倉沢の橋→10:29林道から沢へ→12:02阿仁避難小屋→12:30山頂12:35→13:10阿仁避難小屋13:25→13:55林道→15:05阿仁スキー場駐車場

4月13日(金)曇り後晴れ
前から気になっていた尾根!石森から見ると阿仁スキー場の対岸に何だか良さそうな尾根がある。
戸鳥内から登ってきた沢は途中で東側に戸鳥内沢になり、西側は松倉沢(一ノ腰近くにもあるがそれとは違う!)になる。その松倉沢の対岸の尾根だ。前にFOJIさんに聞いたら良さそうな話しであった。
今回はその尾根を登ることにした。下りは登ってみてからどうするか判断することにしたが、下りも同じコースを辿った。
阿仁スキー場(ゴールデンウイークまで休み)駐車場に車を駐め8時51分出発。ゲレンデを登り途中から右の林道に入る。林道は遠回りになるので、ブナ帯下部を巻くことにしたが、そこで大失敗!尾根を2つ越えて林道に下りようとしたが、急な法面がほとんど雪が崩れ下りるのが困難!あちこち探した後に怖々慎重に林道に下りた。そこからの林道も長かった。松倉沢に架かる橋(雪が多く橋は見えない)を渡り、15分程進んだ所にあった小さな沢の中を登ることにした。登って行くと間もなく立派なブナ林になった。これはすばらしい!来て良かった!喘ぎながら登り(それほど急な斜面は無い)、1100mを越えるとアオモリトドマツがちらほら出てくるが、真っ白な雪面の尾根になった。上部は曇っていて良く見えない。対岸のゴンドラ山頂駅やリフトが良く見える。やがて石森も確認出来るようになり、石森付近に人が?もしかしてほとんど同時に登り始めた人か?阿仁避難小屋の雪原に出て避難小屋に行ったが避難小屋は雪に埋まっていて中に入れなかった。ワカンで歩いた跡が山頂ドーム方向へ続いていた。私も誘われるように登り始めてしまった。ガスって良く見えない。GPSと地図を見ながら感で山頂を目指した。バリバリの雪に覆われた山頂に着きセルフタイマーで写真を撮り下り始めた。下りは慎重に慎重に・・・小屋近くになって前方にワカンの人が見え小屋で一緒になった。山頂ドームのどっかですれ違っていたのだろうが・・・わからなかった。秋田市から来た方で、登り始めに私のトレースに引っ張られて林道方面に進み失敗したと言っていた。
せっかく来たのだからと登って来た尾根を下ることにした。最初はふわーっと新雪が乗った雪面を気持ちの良い滑りが出来たが、下るに従って雪が重くなった。林道が長く感じられたが、天気が回復して山頂を望むことが出来た。日が指すと暑いくらいになり15時5分ようやく駐車場に着いた・・・なかなか良いコースだと思った。またいつか・・・
下りの林道上から振り返った時の写真に説明を加えました。
赤線で示したのが今回歩いた(林道の途中から避難小屋の雪原まで)おおよそのコースです。雪質さえ良ければ最高のコースでしょう!急な斜面はありません。上部のオープンバーンの雪庇は気を付けないと!ただ、林道が長いし登りは辛いと思います。
登りの尾根の上部で撮った写真
右が山頂のあるドーム、尾根の正面の奥に阿仁避難小屋がある(ここからは見えない)、尾根はその雪面に伸びている。


A4月29日(日)

<コースタイム>おおよその時間です

ゴンドラ山頂駅09:12→10:07山頂(のんびり展望を楽しむ)東斜面に移動しテレマークの練習やのんびり昼食13:26→14:30阿仁スキー場駐車場
4月29日(日)晴れ
今シーズンは、なかなか納得のいく滑りが出来ない!っというか、さっぱり上達しない(>_<)
少しは練習しよう!っと森吉山の東面斜面へ!!!
ゴンドラが動き出す前に阿仁スキー場に着き準備。ゴールデンウイークゴンドラ運行感謝m(_ _)m
ゴンドラが動き出し8時50分に乗る。今日も天気は良い・・・ワクワクしてくる。いつもの森吉山の風景を見ながら10時過ぎ山頂に着き展望を楽しむ。
鳥海山は霞む空の中にしっかり確認出来た。近くの山々は当然だが、岩木山・八甲田山から青森との県境の山々や白神岳、岩手山から八幡平の山々、秋田駒ヶ岳の奥には和賀山系の山々か・・・何度も何度もシャッターを切る。
そうしていたら途中で追い越してきたつぼ足の女性が登って来た。私より歳上かな?昨日の鳥海山の話しをしていた。スキーヤーでいっぱいだったらしい!いつもの年のように祓川の駐車場は満車かな?
たっぷり展望を楽しんでから東面へ移動。東面上部に陣取ってザックを置いて、1本目ヒバクラ岳を正面に見ながらロング斜面を!登り返しはステップ板だからノーシールで!後でGPSデータを見たら標高1430mから1330mまでの間を繰り返していた。昼食をはさんで5本!腹一杯滑って13時30分下山開始。北斜面で滑っていたアルペンスキーの人と立ち話。下の方をテレマーク集団(もしかしてFOJIさんチーム?)が連瀬沢の方へ巻いて下って行った。私は回り込んで避難小屋上部で夏道に合流して夏道を辿った。ゴンドラ山頂駅でどうするか迷ったがスキーで下ることにした。途中で足がパンパンになっていた!14時30分駐車場に着いてホッ!鷹巣の縄文の湯に入ってさっぱりしてから自宅へと向かった。車の中は暑いな〜!
標高差100m程の大斜面!どこでも自由に滑ることが出来る。もっと下までこの斜面は続く・・・
もっと滑っていたかったが・・・帰りに石森から名残惜しい山頂ドームを振り返る!

B5月20日(日)

<コースタイム>
(登り)ヒバクラコース登山口09:12→12:12山頂
(下り)東面雪面上部14:32→16:28ヒバクラコース登山口
久し振りにhontaka氏とテレ練習に森吉山東面へ・・・
何処から登ろうか考えたが、昨年同期に登っているヒバクラコースを選択した。
登山口駐車場に着いたら昨年同期よりは雪が多そうだ!
登山靴を履くのは止めて、テレマークの靴を履いてスキーを背負った。板はhontaka氏に合わせてBDのアスペクトにした。私だけステップ板というのはhonntaka氏に気の毒だ!
ほぼ夏道通りに登り標高900mを過ぎた辺りでスキーを履く。雪で折れたり曲がったりしている低灌木を潜ったり乗り越えたりして苦労しているうちにアオモリトドマツの樹林帯になり心地良い登りになる。ヒバクラ岳の右尾根に取り付く頃には木陰もなく、暑くなり展望も良くなる。北側から東側の山々の大パノラマが広がる。空気が澄んでいるのか岩手山もくっきり見える。
ヒバクラの分岐で小休止。標柱はまだ雪の中にあるらしく見えなかった。目指す山頂部の北面から東面に広がる雪面はでかい!
山人平を通過し山頂部の雪面に取り付き右側をまいて山頂部のブッシュの下を夏道の入口へ向かう。スキーをデポして山頂へ挨拶に・・・多くの人が休んでした。残念ながら鳥海山は見えなかった。直ぐに雪面に戻りドッカと座って昼食を食べる。
その後、大斜面を滑走!滑る!滑る!快調に滑って標高1280m付近まで・・・登り返してもう1本!暑い!疲れた〜!標高差150mを2本滑って降参!
ザックを背負って来た道を滑って下った。ヒバクラ岳へはシールを付けて登り返し、右を巻いてヒバクラの斜面に出たが、亀裂が入り、あちこちボコボコの状態!慎重に登って来た尾根を下った。展望所少し手前で雪が無くなったためにスキーは背負って下った。雪融けは早い!登りのトレースも消えていた。息も絶え絶えになって4時28分登山口に着いた。ご苦労様でしたm(_ _)m阿仁前田のコンビニ前でアイスを食べながら反省会をして、honntaka氏は大館へ、私は能代へ向かった。
ヒバクラ岳への登りで喘いだ・・・右には八幡平と岩手山、展望が良く大パノラマだった!
2回目を滑って登り返す途中で喘いで立ち止まった。上を見上げたらあと半分ほど・・・暑く辛い登り返しであった。


C6月14日(木)

<コースタイム>
ゴンドラ乗車09:40→ゴンドラ山頂駅から出発09:40→阿仁避難小屋10:20→10:54山頂→11:00雪面(滑走・昼食)14:11→山頂14:18→阿仁避難小屋14:44→15:15ゴンドラ山頂駅→15:35ゴンドラ下車
6月14日(木)曇り時々晴れ:単独行<阿仁ゴンドラ利用東面滑走>
しばらくスキーを履いていなかった。っということで森吉山東面滑走へ!もしかしたら板納めになるかもしれないと思ったが・・・代車のヴィッツに乗って阿仁スキー場へ向かった。
東面の雪はどうなっているのだろうか?あるのだろうか?・・・2010年の6月12日にも滑っているから・・・っと思ってもやはり心配であった。
9時15分阿仁スキー場のゴンドラに乗る。当然のことだが、スキーを持ってゴンドラに乗るのは私1人だろう・・・っと思いながら、少し暑いゴンドラ中で予想より雲の多い天気を恨めしく思った。
ゴンドラを下りてからは、沢山の花の写真を撮りながらゆっくりと登って山頂に着いた。10人程の人達が休んでいたが、写真を1枚撮って通過してヒバクラ岳へのコースを進んで雪面に下りた。雪渓の上を東側へ少し進んでザックを下ろして靴を履き替え滑走の準備をした。幸い雪は沢山あり、滑走予定のコースも大丈夫だった!ホッ!
300m程のコースを2本滑り、カップ麺とおにぎりの昼食にした。昼食後、更に2本滑り、中間部の比較的滑りやすい雪の部分を数本滑って終了!ザックをデポしてあった所へ登ったら・・・!ザックの蓋が開かれ食糧の残骸が散乱!周囲には鳥(カラス)の足跡が!パンとチョコバー、大福が完全に無くなっていた。ヨーグルトは中身が無くなり穴のあいた容器だけが残っていた。コンビニのビニール袋を含めて、その他のものは周囲に散乱していた。ザックの結構重い雨ブタはしっかりとかぶせていたが、コードロックはしていなかった。ザックは2回転ほどして少し移動していた。クマでなくて良かった・・・気を取り直して予備のビニール袋にゴミを回収してザックに入れた。悔しかったぁ!その直後、子供のカモシカが北側から雪渓上に現れ、私と少しにらめっこをして東側へ駆けて行った。カメラを取り出したがピンぼけに写っていた。
少し悔しい思いを引きずって山頂へ戻り、下った。山頂には誰もいなかったが、阿仁避難小屋付近で2組の高齢の(私も年寄りだが)ご夫婦を追い越してゴンドラ駅に着いた。追い越してきた人数を係員に話したら人数が合わないな?っと言っていた。平日にしては少し多めのゴンドラ利用者だったらしい!皆さん!頑張って下から歩かないでゴンドラに乗ってお金を使いましょう!
登りの途中で、石森から山頂方面を見る。思ったより空が暗い。
滑った東面の斜面。前方は小池ヶ原、更に奥は焼山と八幡平だが雲がかかり薄暗い。