トップのページへ 秋田県内の山 Tのブログへ Uのブログへ Vのブログへ
森吉山:桃洞渓谷・赤水渓谷・周回
T・・・・・2011年8月20日(土)3人パーティ

U・・・・・2011年9月27日(火)3人パーティ

  ※歩いた
コースの地図動画があります。是非ご覧ください!

V・・・・・2015年8月30日(日)3人パーティ


T・・・・・2011年8月20日(土)晴れ

<コースタイム>
クマゲラ保護センター07:50→桃洞の滝08:42→分岐(二股)08:58→男滝09:30→尾根越え10:53→
11:18赤水渓谷に合流(昼食)11:51→兎滝12:30→玉川ルートとの分岐13:05→13:55赤水渓谷入口14:11→
14:37クマゲラ保護センター

前回(8月10日)、hontaka氏と赤水渓谷の偵察をして、今回が本番!桃洞渓谷を登り、赤水渓谷を下るという周回コースだ。良く歩かれているコースのようだが我々は初めてのコース。テレマークスキー初心者トリオが挑戦!
奥森吉山麓公園内のクマゲラ保護センター近くのノロ川橋のたもとに車を駐めて3人で7時50分出発。私とhontaka氏は上下雨具、tukamasa氏は防備無し?当然、入渓までの間のブヨ対策!その結果は・・・?8時58分桃洞の滝を登る。先日の豪雨の爪痕は幸いに余り感じられなかった。二股を左へ曲がる。私が濡れながら中ノ滝の中央突破に挑戦したがもう少しのところで苔が厚くフリクション無し!敗退!左手の岩に刻まれたステップを登る(>_<)男滝は右のステップを・・・FOJIさんが「困った!」っと言っていたトラロープは使わず登る。その後の沢の分岐は右へ右へと進み、938mピークの南に入ってからは左へ・・・つめると比較的楽な乗越しで赤水渓谷側になり、ナメ沢を下ると11時18分赤水渓谷に合流。ゆっくり昼食を食べてから赤水渓谷を下る。この後は、少し水量が多いけれど前回と同じ。最後の最後にhontaka氏が愛嬌なのかドボン!ようやく13時55分赤水渓谷入口に到着。私とhontaka氏は雨具上下を着てブヨ対策!tukamasa氏は?先を急ぐ!14時37分車に着く。tukamasa氏の顔などが悲惨な状態!見た我々もカユーイ!阿仁前田のコンビニに移動してコンビニ前でタイツに短パンというそろいの格好で反省会!変な格好をした奴らだと思われただろうなm(_ _)m
緊張を強いられる場面は数カ所、他はゆったりと流れるナメ沢を飽きるほど味わう(^^)/また来よう!

※下の2枚の写真以外のものは、前回の偵察や上部のリンク先にあるブログでご覧ください!
桃洞の滝を横から 男滝(滝の右手を登る)

U・・・・・2011年9月27日(火)快晴

<コースタイム>

野生鳥獣センター08:05→桃洞の滝09:03→中ノ滝09:35→男滝09:42→桃洞渓谷側から赤水渓谷側へ乗越11:12→
11:43赤水渓谷に合流(昼食)12:27→兎滝13:00→玉川への沢と合流13:37→14:29赤水渓谷入口(小休止)14:37→
15:15野生鳥獣センター

前回(8月20日)に続いて今回も同じメンバー同じコースで歩いてみた。天気に恵まれ!気温もこの季節としては高く!最高のコンディションで沢歩きを楽しむことが出来ました!沢の状況や詳しいことはブログの方をご覧ください。14分ほどの動画もあります。

中ノ滝の右岸を登る2人 男滝の左岸を登るtukamasa氏と下にいるhontaka氏

2011年9月27日の記録を一部YouTubeの動画にしました。ご覧ください!

今回(2011年8月20日)歩いたコース、2011年9月27日もほとんど同じコース
(桃洞渓谷を登り赤水渓谷を下る。沢の流れを示す水色の線のない通過箇所は、赤線で概略追加した。)


V・・・・・2015年8月30日(日)曇り後一時雨

<今回のコースタイム>
鳥獣保護センター08:20→桃洞の滝09:18→中ノ滝09:56→男滝10:07→尾根越え11:26→
11:57赤水沢と合流(昼食)12:37→兎滝下降終了13:52→桃洞赤水分岐14:55→15:28鳥獣保護センター
 

桃洞渓谷から赤水渓谷の周回コースを歩くのは2011年以来だった。久々の緊張を感じながらの遡行となった。
天気は余りパッとしなかったが、タロンペさんナリユキさん、私の3人で出かけた。能代市の自宅から森吉の鳥獣保護センターまで約85kmある。鳥獣保護センターには8時前に着いた。ICI石井秋田店主催のトレラン講習会があるらしく、多くの人がいた。我々は準備して8時20分出発した。
曇っているためかブナ林の中は少し暗い。桃洞赤水分岐を右に曲がって、桃洞の滝へ。桃洞の滝に着いて右の斜面にステップが刻まれている所をを登る。その後は、二股を左の沢へ入る。間もなく中ノ滝がある。中ノ滝は左斜面を、次の男滝は右の斜面を登る。順調に進み、その後は枝分かれしていく沢を間違えないようにして、読図しながら進む。幸い、予定していたコースを順調に進むことが出来、小さな尾根を越え、赤水渓谷側の小沢を下ることになる。赤水渓谷に合流した所で、昼食タイムとする。ゆっくり座って各自昼飯を食べる。
いよいよ赤水渓谷の下りを始める。早速大きな滝の上に出て、ザイルを出す。捨て縄にザイルをかけて下降する。ハートマークの滝も同様。兎滝の上の滝も同様。兎滝で最後のザイルを使い、ホッとしてザイルを巻いた。何だか2011年の時と沢の様子が違う。兎滝の下でに休む所は水没して無かったし、以前は上部の滝でザイルを使用しなかったのだが、今回は使用せざるをえなかった。
この後は赤水渓谷をのんびりと下り、鳥獣保護センターに向かった。途中からポツポツ落ちて来た雨が、下るにつれて少しずつ強くなってきた。鳥獣保護センターに着いたら、我々の車とNPO法人・冒険の鍵クーンの会長さんの車だけしか無かった。会長さんから少しお話を聞いてから帰路についた。久々のナメ沢の感触を楽しみながら、滝の下りで少し緊張した気持ちが緩み、2時間弱のドライブを楽しんだ。
下りの最初で大きな滝を下降した。  兎滝を下降。以前より薄緑の苔が増えたような気がした。