トップのページへ 秋田県内の山 Tしょうすけのブログへ
Uしょうすけのブログへ Vしょうすけのブログへ Wしょうすけのブログへ
森 吉 山(1454.3m)一等三角点
※森吉山の標高が10cm高くなりました


T・・・・・・・・・・・・・2011年5月7日(土)〜9日(月)高校生の登山大会に同行して


U・・・・・・・・・・・・・2011年5月11日(水)単独行(様田コース)

V・・・・・・・・・・・・・2011年5月23日(月)単独行(ヒバクラ岳コース)

W・・・・・・・・・・・・・2011年6月4日(土)〜7日(火)高校生の登山大会に同行して


T・・・・・・・・・・・・・
5月7日(土)〜9日(月)

第38回 秋田県 県北地区高等学校 総合体育大会 登山競技大会に同行して

<大会日程>
5月7日(土)
集合・受付(四季美館) 開会式 ペーパーテスト
移動 桐内沢…高畑…松倉登山口…森吉高原キャンプ場泊
5月8日(日)
森吉高原キャンプ場…松倉登山口…雲嶺峠…森吉神社…石森…阿仁避難小屋…森吉山山頂…阿仁避難小屋…石森…森吉神社…雲嶺峠…松倉登山口…森吉高原キャンプ場泊
5月8日(月)
指導講評 閉会式


初日は気温が高く、汗を吹き出しながら桐内沢部落跡地から森吉高原キャンプ場を目指した。雪が解けたばかりの沢沿いの道周辺は沢山のカタクリとキクザキイチリンソウの花がいっぱい咲いていた。森吉高原キャンプ場に着く頃には天気が下り坂で気温も下がり、夜には雨が落ちてきた。
2日目は、スタートから悪天で、行動をどうしたらよいのか協議。森吉神社避難小屋まで競技を行い、その先は避難小屋で判断することにして出発。雲嶺峠が近づくにつれてガスで視界が悪くなった。避難小屋に入り協議した結果、山頂は断念して下ることになった。下りのコースは一ノ腰を越え、旧スキー場の西側のゲレンデを下り林道に出てキャンプ場を目指すことにした。梅雨のような雨は翌早朝まで続いた。
皮肉にも最終日は天気が回復し、森吉ロッジ内で指導講評を行い、成績発表などの閉会式が行われ解散。
6月には、同じ森吉山で秋田県の高校生の大会が実施される予定になっている。
下山時に、一ノ腰への登りで登りの審査で待機中の選手と顧問
ガスで視界が悪く、雨も落ちてきていた
旧森吉スキー場ゲレンデを下る選手達


U・・・・・・・・・・・・・
2011年5月11日(水)単独行 晴れ


<コースタイム>
旧森吉スキー場駐車場09:13→右側の旧ゲレンデ下部→10:44一ノ腰10:50→11:45山頂(昼食・東面滑走2本)12:45→13:15一ノ腰13:18→13:35駐車場

雨の後だったので、おいしい雪面はまだ大丈夫だろうか?森吉山頂部東面の雪はどうだろうか?気になっていた・・・先日(5月7日〜9日)実施された高校生の大会の際、8日の一ノ腰からの下りで大会要項や地図等の入ったビニール袋を紛失!したので探しながら登ることにした。
旧スキー場の駐車場に着いたら先客の車が1台!そこへ軽トラックが来て乗ってきた人が話しかけてきた。スキーを準備している私を見て「山頂まで雪があるんだ!」「へー?」要は「物好きだな〜!」ということを言いたかったようだ。
コメツガ山荘近くを通る林道まで登り、林道を通って向かって右の旧ゲレンデに向かう。途中雪が消えているのでスキーを脱いで急斜面のゲレンデ下に着く。
ゲレンデをゆっくり、あちこち探しながら登る。なかなか発見出来ず・・・ポツンと立っているオオシラビソの地点を通過して、やがてヤブが多くなる。雪解けが進み日曜日の時と違う!結局発見できず!諦めてリフトの山頂駅があった所を通過して一ノ腰へ・・・一ノ腰で水分を補給して大福を食べる。一ノ腰から森吉神社下を通り、連瀬沢を渡って山頂に11時45分到着。秋田市から来たという女性2人が下って行った。北側の雪面にドッカと座って昼食のおにぎりを食べる。腹ごしらえをしたところで、東面側へ移動。ザックを置いて空身で「エイヤー!」と東面滑走!途中1カ所ブッシュが出ていたが邪魔にはならない。気持ちの良い滑りをして登り返し!ウロコ板は楽で良いな!息を切らしザックデポ地点。スノーシューで東面を下った真新しいトレースがあった。どこへ行ったのだろうか?もう一本行こうか・・・ザラメ状の雪だが良く滑る・・・息を切らして登り返した時には体力の残高がほぼゼロ!ここで終了。ザックを背負い登って来た道へ・・・連瀬沢へ下り、森吉神社下を通過して一ノ腰への登りでさっきの2人連れと会う。あとはゲレンデを一気に・・・お二人の女性の横を通過する時は、格好良くしようとしてテレマーク姿勢で思いっきりスピードを出したら前転!そのまま立ったので滑り降りました。小学校の時体操部でしたが今はそういう運動神経はありませんm(_ _)m更に太股が!きている!途中から制動系の雪!ググッとブレーキ!太股の痙攣手前で抑えてようやく13時35分下山!おー早っ!片付けて阿仁前田のコンビニへ!何を食べたかもうわかりますね!当然アイスですよ!そしてコーヒーも。今日も楽しい1日でした。早い下山だったので、途中の温泉に入るとか・・・自宅に直行してしまいました。これだけは反省!
山頂の標柱、すっかり雪が解け山頂部は土が出ていた
右奥が一ノ腰、左の尾根の上に小さく森吉神社が見える
山頂部から東面の大雪面
右奥の尾根が小池ヶ原の馬の背、左のピークはヒバクラ岳


V・・・・・・・・・・・・・
2011年5月23日(月)単独行 晴れ

コースタイム
<登り>
ヒバクラ岳登山口10:00→10:39標高980m付近(スキーに履き替え)10:55→11:55ヒバクラ分岐→12:19山人平→12:47山頂
<下り>
山頂13:14→13:25山人平→13:42ヒバクラ分岐→13:58ヒバクラ岳と小池ヶ原の間の尾根→
14:30「965m」の標柱(スキーから登山靴に)14:46→15:16ヒバクラ岳登山口

今日はほぼ快晴の予報!朝能代市を出る時は曇り・・・?二ツ井手前を走っていたらメールが?おっと〜同職したkudot氏!からだ。「どこへ行くの?」「数台後ろにwakky氏がいるよ!」という内容。良く対向車を見ているなあ!バックミラーで後ろを確認したが交差点で二ツ井方面に入ったようでwakky氏の車は確認出来ず…
阿仁前田から森吉山ダム付近を走っていたら見覚えのある車が後方から来る。どこまでも付いてくる。やっぱり!FOJI氏だな!ノロ川の青少年野外活動センターに入って行ったのでご挨拶に!ヒバクラコースの貴重な情報を教えていただいた。今日は6月1日からオープンの準備の勤務だとか・・・ご苦労様ですm(_ _)m
ヒバクラ登山口駐車場に着き準備。スキー板(うろこ板)に靴を固定し、それをザックに固定して背負う。10時出発。誰もいない!所々雪があるがスキーを履くには無理がある。徐々に登って、10時39分標高980m付近でいよいよスキーに履き替える。登山靴はビニール袋に入れてザックの中へ入れる。水分補給と行動食を食べ10時55分出発。ヒバクラ岳直下に着いて右側を登ろうか?左側を登ろうか?迷ったが、夏道のある右手の斜面へ取り付く。途中からヒバクラのピークを巻いて11時55分ヒバクラ分岐に着く。幸い雪が多く山人平もスキーのまま通過する。山頂直下の斜面でジグザクに登り喘ぐ。最後はスキーを脱いで少しのヤブ漕ぎで12時47分山頂に着く。誰もいない静かな山頂だった。昼食のおにぎりを食べ展望を楽しむ。雲が発生して快晴とはいかなかった。寒気でも下りてきたのだろうか?岩手山などは見えるが鳥海山は見えない。北方の山々も見えない。13時14分下山開始。東側の斜面に回り込まずに山頂から山人平の尾根目指して急斜面をテレマークターン!今日は何とか上手くいった(*^_^*)!下手は下手なりに満足。
あとは来たルートを下りヒバクラ岳へ登り返し、途中から小池ヶ原側に巻く。途中尾根を越えようとするがヤブばかり。少しヒバクラ側に登り返してヤブをスキーのまま越え東側の大斜面に出る。2回ほど滑りながらヒバクラ直下にトラバース。最後はヒバクラ岳直下から一気に下る。途中ルートを間違えないように地形を確認しながら14時30分「965m」と記された標柱がある所でスキーから登山靴に履き替えることにする。14時46分ヨイショ!とスキーを背負い登山靴で下る。最後の方は、登山道を水が流れ靴が泥だらけになり15時16分登山口駐車場に着く。
片付けて出発。センターに寄ったがFOJI氏は不在であった。仕事でどこかへ出掛けているんだろう!残念!親子キャンプ場を一周して帰路につく。阿仁のコンビニでいつものアイス!どこか風呂に入ろうかと思ったが予定より遅くなったので能代市の自宅へ直行した。6月中旬の板納めは、やはり森吉の東斜面だろうか?
森吉山頂部から下る斜面上部にて
左端がヒバクラ岳、中央が小池ヶ原、正面奥が八幡平、その奥に岩手山
ヒバクラ岳東面斜面上から下方を見る
写真上部に親子キャンプ場や青少年野外活動センターなどがある


W・・・・・・・・・・・・・
6月4日(土)〜7日(火)


第57回秋田県高等学校総合体育大会登山競技大会に同行させていただきました。
今回は桐内沢・松倉沢・西ノ又沢・ノロ川という、森吉山の北西から北東のエリア(旧森吉町側)を歩くことになりました。地元森吉山岳会の協力もあり、初日のキャンプ場で雷雨にやられましたが、全体的には好天に恵まれ、スムーズに大会が行われました。男女優勝校(男子:横手高校・女子:大曲高校)は秋田県代表として北東北3県で実施されるインターハイに出場します。インターハイは8月上旬、青森県の岩木山と八甲田山で実施される予定です。
<大会日程>
6月4日(土)
開会式(四季美館)〜移動〜桐内沢(桐内沢集落跡)→高畑→松倉登山口→森吉高原キャンプ場泊
6月5日(日)
森吉高原キャンプ場→松倉登山口→雲嶺峠→森吉神社→石森→阿仁避難小屋→森吉山山頂→山人平→カンバ森→湯ノ岱分岐→西ノ又登山口→西ノ又林道分岐→親子キャンプ場泊
6月6日(月)
親子キャンプ場→ヒバクラ岳登山口→ヒバクラ岳分岐→小池ヶ原→割沢森→高場・割沢分岐→黒石林道出会→桃洞の滝分岐→ノロ川遊歩道分岐→ノロ川・黒石分岐→上谷地→クマゲラ保護センター→親子キャンプ場泊
6月7日(火)
親子キャンプ場→青少年野外活動センター  審査講評・閉会式
松倉登山口付近にあるブナの巨木の新緑
親子キャンプ場に着いてテントを張り、しばしの間くつろぐ選手達