トップのページへ 秋田県内の山 Tしょうすけのブログへ
Uしょうすけのブログへ Vしょうすけのブログへ Wしょうすけのブログへ
森 吉 山(1454.2m)一等三角点

T・・・・・・・・・・2011年1月26日(水)単独行

U・・・・・・・・・・2011年2月4日(金)〜6日(日)冬山技術講習会に同行して

V・・・・・・・・・・2011年2月27日(日)4人パーティ

W・・・・・・・・・・2011年5月3日(火)3人パーティ


T・・・・・・・・・・
1月26日(水)晴れ
<コースタイム>
阿仁スキー場ゴンドラ山頂駅09:54→10:14石森→11:17森吉山山頂11:54→13:07石森→
13:?阿仁スキー場駐車場


天気予報を見ていたら太陽のマークが?雲と雪のマークしかなかったこの1月、初めてのような気がする?天気図を見たら、西高東低だが日本海に小さな低気圧が!疑似好天か?1日は持つであろう・・・森吉山に出掛ける事に!・・・予想が外れ、翌日も快晴!親友のnariyuki氏が27日に快晴の白神岳へ登っている(^^)/
いつもより早めに起きて出発。9時頃阿仁スキー場駐車場に着き、準備して登山手続きをし、ゴンドラ片道券(1100円)を購入。平日だからか、スキー場は閑散としている。9時半にゴンドラに乗る。ゴンドラが登るにつれて青空の下に白い景色が見えだしワクワクする。久々に晴れた森吉山だ!ゴンドラ山頂駅から9時54分出発。スノーシューのトレースがある。石森が近づいたらカメラを構える人が!一生懸命写真を撮っていたので声をかけずに通り過ぎる。石森からはノントレースの銀世界!石森の先で連瀬沢に下降(面倒だからシールをつけたまま)。当然だが滑らない!雪も少し重い!パフパフとは言えない。連瀬沢を越え直線的に山頂を目指す。余り汗をかかないようにゆっくり登る。次第に空に薄雲が・・・11時過ぎ山頂に着いて写真を撮る。北側の県境方面は良く見えるが南側は良く見えない。岩手山も見えない。残念!風もほとんど無かったので、山頂でのんびり昼食を食べる。シールを外して11時55分登ったルートを滑る。石森への登りでボーダーが追い越しして行く。私のトレースをたどってきたようだ。ところが急斜面でシールが外れる(>_<)そろそろこのシールも限界かな?登った石森近くで3人グループ!ICI石井スポーツの○原氏のグループであった。シールの話しをして、糊を取るコテと糊のシートの話しを教えていただく。分かれて石森に移動したら、私から見ても遙かに先輩のご夫婦が写真を撮っていた。しばらく立ち話をする。花輪からいらしたようだ。その後、若い3人のスノーシューグループが来て一緒に話す。穏やかな天気のなかで時間が過ぎ別れを告げ、それでも早すぎる下山。シールを何とかしなければ登り返しが?お金がかかるなあ!下山が早すぎたので鷹巣に向かい、初めて縄文の湯(360円)に入る。気持ち良くなって帰路につく。県境の山々は何となく見えるが森吉山は雲がかかり始めていた。
石森への登りで、前方が石森・右端が山頂 山頂の標柱前で(セルフタイマーで)


U・・・・・・・・・・
2月4日(金)〜6日(日)

秋田県高体連登山専門部顧問冬山技術講習会に同行させていただきました。初日は大変濃いガスの中の登りになりましたが、2日目の後半から少しずつ視界が良くなり気持ち良く下山する事が出来ました。

2月4日(金)濃いガスの中の登り
事情があって1名はスキー場駐車場に車泊することになり、先発隊(9名)と遅れて着いた後発隊(4名)に分かれて出発。私は先発隊と一緒に登りました。
14時20分頃阿仁スキー場ゴンドラ山頂駅を出発。メインザックは重い!灯油を大量に背負っているメンバーもいる。能代の自宅を出る時には雨だったのが、スキー場駐車場では湿った雪がチラチラ舞っていた。ゴンドラに乗り山頂駅に着いて出発。視界の悪い小雪の舞う中、14時30分樹氷平から登山コースに入る。この季節にしては気温は高く、風は微風。石森手前の尾根の上に出て標識を密に打つようにする。石森に着いて、阿仁避難小屋へ向かうため右へ曲がるが、石森の南東側に出来る段差にガクンと落ちる。雪面の様子がほとんど見えない。そこからは手探りのような前進だった。視界は10m〜20mか?石森と阿仁避難小屋間の最初の鞍部を過ぎてから、小ピーク通過中に右側に小ピークの縁を回り込んでしまう。地形の異様さに不自然に思って、少し戻って2つめの鞍部を確認。緩い雪面を登り、アオモリトドマツのモンスターの間を抜け16時にようやく阿仁避難小屋に着く。異常に時間がかかっている。何も見えないのだから仕方がない!間もなく後発隊がゴンドラ山頂駅を出発したとの無線連絡がある。標識を密に打ったつもりだったが時間も遅かったので心配だった。16時28分後発隊が無事に到着。ホットして小屋の中で、持参した灯油を注ぎ足し暖を取る。下の駐車場に取り残された方には申し訳ないm(_ _)m時々駐車場からの無線の声が聞こえるが、小屋にいる我々からの電波は届かなかったかと思うのだが?

2月5日(土)前半はガス、後半徐々に晴れる
相変わらずガスで視界が悪いが、時々ガスが薄くなり見通しが良くなる。1人車泊したメンバーが登って来るのを待って山頂へ登ることにして待っていたら10時頃到着する。山頂へ向かう準備をしていたら、kamakesi氏が現れ、総勢15名で山頂へ向かう。小屋から、ほぼ東へ向けて連瀬沢を越えて登る。稚児平下部で下ってきた単独行の人とすれ違う。途中シールが外れるトラブルもあったが11時15分山頂に着いて集合写真を撮る。ここでkamakesi氏の提案で、6名は山頂から東面のスキー滑走へ行くことにする。他の人達は小屋へ向けて下山。我々6名は山頂を北側から巻きながら東面へ進む。ガスが晴れずに少し待機し、視界がいくらか晴れた瞬間!サー行くぞー!っとkamakesi氏が一気に下って見えなくなる。我々も続くが視界がイマイチ!浮遊感を味わいながら・・・撃沈しながらもkamakesi氏が待つ斜面下部に到着!うむむ・・・なかなかの斜面!今度は撃沈せずにもう一本滑りたいような気分!山頂付近まで登り返して「オー疲れた!」またの機会にしよう!っということで小屋へ向けて下山。小屋に着いたらボーダーの人達もいて賑わっていた。昼食を食べ、間もなく着いたご夫婦に小屋を明け渡して、全員で13時前出発。次第に天気は回復しているようだった。ボーダー人達が後を付いて下って来た。悔しいことに、一時だが石森から山頂がスッキリ見えた。天気は好転してきているようだ。ゴンドラ山頂駅に着き、悪雪のゲレンデを下る。ここでkamakesi氏は先に下って行き、お別れ(^^)/メインザックの重さは堪える〜!左のオフピステの斜面を下っていたら木の枝にスキーを引っかけて前転!ザックが重いだけに起き上がるのが大変!それでも何とか駐車場まで下ってご苦労さまでしたm(_ _)mそのまま各自の車で打当温泉に向かい宿泊。

2月6日(日)晴れ
朝、目が覚めたら一点の曇りのない空!朝食後、机上講習。無事に全日程を終了して昼近くには解散!この時期の天気としては最高の天気だ!山頂を越えあの東面に行って滑りたい気分だったが、時間も遅かったし、阿仁スキー場へは結構な距離もあるし、次回に残しておこうという事にして帰路についた。お世話になった皆さんごありがとうございましたm(_ _)mそして、苦労様でしたm(_ _)m楽しい3日間であった・・・今回もアイスが一番うまかった!
山頂での集合写真!
標柱の文字部分が出ているのは誰かが剥がしたのでしょう!
下山時に石森でスキーシールを剥がしながら休憩!
この後、山頂の大ドームが現れ、ピークも見えた。

V・・・・・・・・・・
2月27日(日)曇り後雪
<コースタイム>
登り:ゴンドラ山頂駅10:35→石森11:00→阿仁避難小屋11:13→11:41山頂
下り:山頂11:47→12:17阿仁避難小屋12:30→13:28ゴンドラ山頂駅→14:00(少し前)阿仁スキー場駐車場

haratamo氏・hontaka氏・tukamasa氏と私の4人で森吉山へ・・・天気が良かったら山頂から東面滑走へ・・・っと思って?テレマーク3人、アルペン1人。
朝、能代市を出発する時は日が指してまずまずの天気!これは行けるぞ!っと思って阿仁の駐車場に着いたら何だか雲行きが怪しい?大館市から来た2人と合流して、登山届けを提出してゴンドラに乗ったらゴンドラの山頂駅はガスの中!ただ乗ったゴンドラが・・・イ・ビョンホンが乗ったという写真やパンフレットが、窓にはサインの張り紙!誰も興味を示さないまま山頂駅に着き、10時35分出発。樹氷見学の人も何人かいる。11時に視界の悪い中、石森に着く。それでもワカン・スノーシューの集団は先へと進む。11時13分阿仁避難小屋に着く。まず山頂に行き、帰りに小屋で休むことにする。雫石から来たという単独行のスノーシューを履いた人が行くべきか迷っていた。一緒に行くことにして出発。登るにつれて雪面がガリガリ!特に1400m付近から上の山頂部はガチガチ!トレースも残らない!11時41分山頂に着き休憩しシールを外す。11時47分下り始めるが、ガリガリの雪面と視界不良!少し南寄りに下ったので1410m付近で修正。雫石の人が視界に入る範囲でゆっくり下る。12時17分阿仁避難小屋に着いたら中に沢山の人が休んでいたので、我々は外で昼食を食べる。ここで雫石の方とはお別れ!小屋の中の人達が出発して行ったので、我々も12時30分出発。シールを装着したり外したりしながら13時28分ゴンドラ山頂駅に着く。ゲレンデも視界が悪い!下るに従って視界は回復するがチラチラと雪が落ちてきた。hontaka氏のテレマークは上達が早い!撃沈しながらも果敢に攻める!スノーボードからテレマークに変更したtukamasa氏はスキーの感触とテレマーク姿勢の新鮮さを噛みしめながら、ゆっくり姿勢確認しての滑走となった。14時前に駐車場に着き、食堂でコーヒーを飲んでいたらイッチー(O川氏)とバッタリ!元気そうだった!
それぞれ能代市と大館市に向けて雪がちらつく中を出発。能代市に着く頃には雨になっていた。雪よ!まだ溶けないでくれよ!まだまだ滑りたいからなー!頼むよ!
山頂でシールをはずしたりして下山準備の3人 ゴンドラ山頂駅まで下りホッとしてゲレンデでの下りに期待する
左からtukamasa氏・hontaka氏・haratamo氏

W・・・・・・・・・・
5月3日(火)晴れ
<コースタイム>
登り:旧森吉スキー場駐車場09:23→10:39一ノ腰10:47→11:07森吉神社→11:51山頂(昼食・東面滑走)
下り:山頂13:22→14:10一ノ腰14:30→14:52旧森吉スキー場駐車場


八甲田へ行こうかと思っていたが・・・今週末の高校生の大会に同行する予定があったので、その会場になる森吉山へ下見を兼ねて、いつものテレマークスキー初心者トリオで!
旧森吉スキー場駐車場に9時集合。着いて車の多さにビックリ!まるでスキー場が営業中のようだ!(*^_^*)!
9時23分出発。先行パーティや我々の後からもパーティが!阿仁スキー場ではゴンドラもやっていないのだが、こんな時にこそと思う。息を切らしてようやく一ノ腰に着いて一本。青空ではないが、まずまずの天気。森吉神社へ向けて進み、神社に着いたらちょうど山開きの神事中!そろそろと通過して連瀬沢に下り山頂へ向けてドームを登る。山頂直ぐ手前でhontaka氏が弱音を吐く?エッ!どうしたの?仕事の疲れが出たのかな・・・!他人の仕事も背負っているんだろうな・・・っと私は想像した。11時51分泥んこの山頂に着く。早速、それぞれの昼食を食べる。雪面に下りザックをアオトドの横にデポして東斜面へ向けトラバース。下方に東斜面を見て大ゲレンデにしばし無言。さあ〜行くぞー!わー上手くなったような錯覚かな〜!湿った新雪(シャーベットのような雪)がフワーッと硬雪の上に乗りスキーが走る。気持ちイイ(*^_^*)!一気に下部まで滑走。登り返しが辛い(-_-私はステップ板だったので途中からもう一本。シールを付けて登ってきた2人と合流して、山頂のザックデポ地点まで喘ぐ・・・
山頂から来たコースを滑走し、連瀬沢を越えシールを付け、神社の雪庇下を通過して一ノ腰まで喘ぐ。そこへ大仙市の今野氏がやってくる。やあ久し振りっということで、しばし立ち話し。この時間にアルペンスキーヤ−が登って来て、ほぼ同じくらいに下り始める。足跡が沢山あって、場所を選ばないとボコボコとスキーのバランスが・・・っというほど上手ではないのだが・・・まあそういう事にしてください。15時前に駐車地点に着いて片付けて帰ろうとしていたら、今野氏が下山してきた。挨拶をして阿仁前田のサンクスでアイスとコーヒー!上手い!上手い!満足の1日でしたm(_ _)m

山頂から東側にトラバースして東面の大斜面の上に立つ
前方の左手がヒバクラ岳、右手が小池ヶ原の馬の背
下りで撮った山頂ドーム
手前のアオモリトドマツの右手側の連瀬沢を越えて山頂往復する