トップのページへ 秋田県の山紹介のページへ この記事のブログへ
真昼岳・女神山
?等三角点1059.9m、三等三角点955.8m
2012年9月26日(水)快晴:単独行

<コースタイム>
赤倉登山口07:03→07:42石台→07:52真昼ブナ→08:22やせづる尾根→08:39峰越口分岐→08:50真昼岳山頂09:11→10:00兎平分岐→10:51女神山11:05→11:53兎平分岐→12:49真昼岳山頂13:10→13:21峰越口分岐→13:36やせづる尾根→13:59真昼ブナ→14:10石台→14:41赤倉登山口

涼しくなったので山へ行くことに・・・まだ未踏だった真昼岳へ
朝4時に自宅を出発。コンビニで目覚めのカフェラテ・・・霧がかかっていて視界の悪い所も・・・
北秋田市を通って105号線を南下。角館を通り県道11号に入る。霧が濃くなり良く見えずヘッドライトを付けるが、対向車などが霧の中から突然現れてドキッ!こんな時にライト、特にフォグランプ点灯は安全のために当たり前!途中から左折して真昼岳の鳥居をくぐって林道終点の登山口に着く。上空は霧が覆いひんやりしている。
準備して7時3分出発。沢の中の石の折り重なった道を進む。少し歩きにくい。やがて沢から尾根道へと登り、歩きやすいブナ林になる。やがて石台という標柱がある。ようやくブナ林に日が指してきて綺麗だ!山頂部がブナ林の先に見える。登るに従って山頂部が遠ざかるような感じ・・・ようやく峰越林道からの道と合流すると森林限界の上になった。ここからは少しの頑張りで8時50分山頂に着いた。横手盆地は雲海に覆われ見えない。遠く鳥海山がそびえている。三角点を探すが見つからず!休憩の後、女神山を目指して出発。急斜面の下りで男女2人パーティとすれ違う。標高差200mほどを下り縦走路を進む。男の単独行の人とすれ違う。兎平分岐点を通過して女神山を目指す。ウメバチソウが登山道脇に沢山咲いている。最後の急斜面を喘ぐとなだらかになり、女神山山頂に着いた。山頂手前の見晴らしの良い所に戻って休憩。霧が晴れ黄金色の田んぼが良く見える。11時5分真昼岳を目指して出発。女神山を下り終えた辺りで、真昼直下ですれ違った男女パーティとすれ違う。少し暑いがひと頃の暑さから比べたら心地良い。秋の花を楽しみながら兎平分岐点を通過して間もなく単独行の男の人とすれ違う。一生懸命花の写真を撮っていた。標高差200mの登りで喘いで、ようやく真昼岳山頂に戻る。間もなく携帯が鳴り、羽後朝日岳に登っているnariyuki氏からだった。名残惜しさを感じながら下山開始。5kmの下りを、のんびりと秋の気配を感じながら楽しんだ。登山口に着いたら私の車(実はレンタカー!)だけが淋しく待っていてくれた。
温泉に入ると遅くなりそうだったので、汗まみれの身体のまま帰路につく。西木西明寺のローソンに寄ってアイスとコーラを購入。無事下山のご褒美にアイスを食べ、コーラで渇ききった身体に水分を補給した。
登山口から山頂までの5km往復で10km、真昼岳から女神山までの4.5km往復で9km、合計19kmの歩行は足にきていた!アクセルを踏む足が疲れていた。そのためか、桧木内周辺での速度取り締まりにひっかかることもなく・・・日没後の薄暗くなった18時頃に帰宅した。
8時50分山頂に着いた時の真昼岳山頂 真昼岳山頂から少し先へ移動して見た女神山への縦走路
女神山山頂・三等三角点
周りを樹木に囲まれていて見晴らしは余り良くない
縦走路の中間地点付近から見た真昼岳山頂部
山頂は左のピークの奥になっている