トップのページへ 秋田県の山ページへ この記事のブログへ
栗駒山・秣岳(秋田県東成瀬村・湯沢市)
栗駒山1627.7m一等三角点、秣岳1424.0m三等三角点)
正確には栗駒山の山頂部は岩手と宮城の県境です。秣岳は秋田県の東成瀬村と湯沢市の境界上にあります。
2013年10月13日(日)
2人パーティ

<コースタイム>
須川温泉登山口駐車場07:17→昭和湖07:55→天狗平08:27→08:42栗駒山山頂08:51→天狗平09:04→
10:36秣岳10:42→秣岳登山口11:33→<車道>→12:11須川温泉登山口駐車場

当初は信州の山へ行く予定が・・・福島の山に変更!更に県内の栗駒山に変更になった。家庭の事情だから仕方が無い!
12日(土)の夜の雨の中、息子と2人で栗駒山の登山口駐車場に向かい、駐車して狭い新車(1週間前に納車)の中で眠る。時折バラバラバラっと雨が降り、風がゴーッと吹き抜ける。この音で時々目が覚める。
13日(日)午前5時に目が覚めて起きるが、外は雨と風!どうするか悩むが・・・次から次へとやってくる車の中には準備している様子の車もある。何となく、車の中で朝食を食ながら考えて、結局登ることにする。雨具上下を着て午前7時過ぎ出発。久々に雨具上下を着た。紅葉の季節としては、悪天のためか登る人はそれほど多くはない。順調に登って昭和湖を通過して登って行ったら、下ってきた人が「風が強くて!」っと言っていた。分岐のある天狗平を過ぎ山頂への登りになった所から急に北寄りの風が強くなりよろめきながら登る。男女2人のパーティはストックを突いたまま喘いでいた。追い越したが・・・どうしたのか?ふらつきながら山頂に着いたら何人かの人が休んでいた。宮城側から登って来る人も結構いたようだ。
山頂で写真を撮り、パンを食べて下るが、やはり同じ斜面で何パーティか抱き合って風に耐えていた。天狗平に着き、時間が早かったので秣岳を目指すことにした。分岐の次のピークでものすごい風と遭遇!秣岳から来た単独行の人が風に耐えながらしゃがんで我々をやり過ごしてくれた。この後は、飛ばされそうな呼吸が困難になるほどの風は少なくなった。視界の悪い中を何ピークか越え10時半を過ぎ秣岳山頂に着き。残りのパンを食べた。あとは下るだけ。まだ、登って来る人のいる滑りそうな斜面をゆっくり下り、少し天気が回復して11時33分秣岳登山口に降りた。あとは車が渋滞する車道を、須川温泉の登山口駐車場に駐めた車まで急いだ。12時11分車に着き。雨具と靴を脱ぎお湯を沸かして昼食を食べた。腹一杯になったところで、栗駒山荘に行き温泉に入ってあたたまり、一路能代を目指した。帰りには徐々に天気が回復してきたようだった。
栗駒山山頂での私 秣岳山頂