トップのページへ 八幡平紹介のページへ この記事のブログへ
大深岳・関東森
(二等三角点1541.3m ・ 三等三角点1153.9m)


2016年7月17日(日)〜18日(月) ボランティアで大深岳から八瀬森避難小屋往復

2016年7月17日(日)雨〜18日(月)曇り

秋田県高体連登山部の山仲間からメールがあって、山の日制定記念事業として登山道等再整備事業を行うことを知った。急遽飛び入りで参加させていただくことにした。
主催は秋田県自然保護課で、各山岳団体や高校山岳部が協力して実施することになったようだ。県南地区では大白森避難小屋への荷揚げを日帰りで実施したようだ。県北地区では、県の自然保護課・国立公園自然保護官事務所・パークセンター・仙北市・鹿角市山岳会・報道機関・鳳鳴高校山岳部・能代工業高校山岳部などの協力により1泊2日で実施した。

1日目の17日は八幡平樹海ラインの沢の登り口(一般ルートではない)で20人程の参加で開会式を行い、10時少し前に沢を登り始めた。1時間半程で大深山荘に着き昼食・休憩。雨が降ったり止んだりを繰り返す。大深岳山頂を通過後、三ツ石岳へ行くルートと分かれて右折して八瀬森へ向かう。直ぐにヤブ道になり、私は剪定ばさみを持ってヤブと格闘しながら進んだ。歩きながらネマガリダケを切るので、足下よりネマガリダケを見ているので、泥んこ道に滑ったり、穴に落ちたりと何度となく転倒した。時々開けた高層湿原に出た時には気持ちを癒やされながら、再びヤブとの格闘だった。途中から、腕から肩にかけて筋肉痛になった。途中の湿原で、葛根田から沢を登ってきた3人グループとすれ違った。雨と泥んこでグチャグチャになって17時半頃八瀬森避難小屋に着いた。中に入って落ち着くまでしばらくかかった。濡れたものを脱いで、下着のパンツとシャツにだけになって夕食を食べた。吊り下げた衣類からは水滴が落ちていた。シュラフに入っても眠られず、強くなる風雨に明日の帰りのことを想像していた。

2日目は3時頃に目覚めたが、同じ小屋に泊まっていた沢歩きの人達が早々に出発して行った。我々は、7時前に外に出て、記念写真を撮ってから出発した。幸い雨も止み、曇り空でホッとした。あとは順調に大深岳へ向け登り返した。大深山荘直下の水場で水を汲み、大深山荘で昼食を食べた。高校生の沢下りは危険と考え、高校生は嶮岨森・諸檜岳・畚岳と歩く尾根道を行くことになった。そのため、大深山荘前で閉会式を行った。私は他の人達と沢を下山した。疲れたけれど、久々に充実した山行だった。企画運営してくださった方々、案内してくださった方々に感謝でした(*^ω^*)!

<今回のおおよそのコースタイム>何度も、刈り払いで停滞したり小休止したので参考にならないかも・・・
17日(1日目)
八幡平樹海ラインからの沢の登り口09:50→大深山荘11:19〜12:12(昼食)→大深岳12:42→八瀬森への分岐12:54→
関東森16:45→八瀬森避難小屋17:31
18日(2日目)
八瀬森避難小屋06:53→関東森07:25→八瀬森への分岐10:53→大深岳11:13→水場11:54→大深山荘12:06〜12:50
(昼食)閉会式→沢の登り口14:00
三ツ石岳と八瀬森の分岐に着いて、刈り払い用ナタを取り出す人。 時々現れる高層湿原にはニッコウキスゲが咲いていた。
 2日目の朝出発前の写真(全員ではない) 大深山荘直下の水場から山荘への登り。