トップのページへ 八幡平紹介のページへ  @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
八幡平
(八幡平二等三角点1613.3m)


@2015年3月17日(火)秋田八幡平スキー場から山頂往復

A2016年3月 4日(金)秋田八幡平スキー場から山頂往復

@2015年3月17日(火)快晴・単独

月曜日天気が良く・・・落ち着かない!じゃあ同じく天気の良い火曜日は?
どっかへ行こう!っということで、昨年末少し消化不良だった八幡平へ!
少し早めに起きたが、結構日の出が早くなってきたと感じた。
午前8時少し前に秋田八幡平スキー場に着いた。間もなく、宮城ナンバーの車で来たお二人が出発して行った。私も準備して8時15分駐車場を出発。秋田八幡平スキー場は、来週から平日もオープン!だから、今日は休み!リフトは動かないからゲレンデを登ることになる。私が登る頃には、先行したお二人はゲレンデ上部から見えなくなっていた。
ゲレンデは登りやすい。リフト終点に着いて、蒸ノ湯休憩所に向けて斜めに少し下ることになる。途中から除雪車のボコボコしたキャタピラー跡をゆるく下ると蒸ノ湯休憩所に着く。除雪車などの車両が数台駐まっていた。細く残された雪面を歩いて、結構斜度のある登り口に向かった。先行するお二人がちらっと除雪しているアスピーテラインの道を進んでいるのが見えた。
私はいつもの道を登り始めたが、ガリガリの急斜面は少し恐い。間もなく雪質が変わり登りやすくなってホッとした。この後は、番号が書かれた看板や鹿角市山岳会で設置した標識を頼りに進めば良い!幾らかでも気持ちが楽だ!
スキー場のリフト終点から蒸ノ湯休憩所に向かう入口には100番の看板がある。田代沼には250番、山頂が300番となっている。
緩やかな登りだが、徐々に高度を上げると焼山や森吉山が良く見えるようになる。青空なのだが、春霞なのか?霞んでいる。鳥海山は見えない!秋田駒ヶ岳はようやく見えた。田代沼に着いて水分補給をして能代の松雲堂の豆大福を食べた。南寄りの風が吹いているが気になるほどではない。登るにしたがって、痩せこけた樹氷が徐々に立派になってきた。気持ちの良い天気だぁ!
それにしても、先行するお二人のトレースが無い?不思議に思いながら登って、山頂手前の藤助森に着いて、下の方を見たら田代沼の更に下に人影が見えた。何だかホッとした。順調に登って山頂に10時43分に着き、写真を撮り、新しくなった展望台の縁に腰掛けて早めの昼ご飯にした。その後、凌雲荘周辺まで行ってみた。山頂に戻ったら、お二人が着いていた。「写真を撮りましょうか?」など少し話しかけたが、余り良い返事が返ってこなかった。間もなく凌雲荘方向に歩いて行った。まあ私もこんな時があるから仕方が無いな・・・藤助森までシールを付けたまま戻り、シールをはずした。「さあ!下りを楽しむぞ!」と口から出た!おっと〜これって認知症の始まり?車に着くまで数回何かしゃべったような気がする(-_-)
それでも、雪質が悪いのにもかかわらず楽しんだ!下部は融けかかった雪に、ゲレンデの下りは制動系の雪に翻弄されながらも楽しかった(^^)/私にとっては、天気が良いっていうことはすべてを越えることなのかなぁ!
あとは後生掛温泉で汗を流し、帰りのロングドライブでは、最近始めたプロテインを飲んだ!
明日も天気が良い?どうしよう?酔っ払ってる〜?ワインを飲み過ぎたぁ〜(^^;)

<今回のおおよそのコースタイム>
秋田八幡平スキー場駐車場08:15→ゲレンデリフト終点08:41→蒸ノ湯休憩所08:50→田代沼10:04〜10:09(小休止)→
藤助森10:32→山頂(昼食・周辺徘徊)10:43〜11:19→藤助森(シールをはずす)11:35→蒸ノ湯休憩所(シール装着)12:13→
リフト終点(シールをはずす)12:31→12:37駐車場着
山頂に着いてセルフタイマー写真
標柱の「八」が見えていた。新しくなった展望台が目立つ。
八幡沼の畔に立つ凌雲荘とその右奥に岩手山が見える。


A2016年3月 4日(金)快晴・単独

土曜日の午前は都合が悪いから、金曜日に天気予報が当たるよう期待して早朝に出かけた!
国道285号線から大葛を通って、秋田八幡平スキー場に着いた。能代から2時間4分102kmだった。今日のスキー場は休み!事前に分かっていたがゲレンデを登ることになった。7時49分出発。ゲレンデはガリガリだった。30分でリフト降り場に着き、蒸ノ湯休憩所に下った。新しいスキーのトレースがあり、先行者がいるようだ。スノーシューのトレースもあった。アスピーテラインから左の急な斜面への登りになり、間もなくスノーシューの人を追い越した。スノーシューが柔らかい雪に埋まり大変そうだった。登るにつれて焼山や森吉山がクッキリと見え始めた。今年の樹氷は私のように痩せている!無数に林立する樹氷原を期待したが残念だった。
先行者のトレースにより楽をさせてもらった。蒸ノ湯休憩所から2時間で山頂に着いた。先行者が山頂で休んでいた。「岩手山に不気味な雲が?」というアドバイスで、30分ほど見返峠方面を回って山頂に戻ったら、先行者は出発していなかった。山頂でゆっくり昼食を食べた。日が差して暖かい!11時35分シールをつけたまま下山開始。間もなくスノーシューの人が登ってきた。「疲れた!」っと言っていた。藤助森でシールを外して下りになったが、何となくすべりが悪い!気温が上がり雪質が変わったためだろうか?それでなくても緩斜面の下りだからすっきりしない?蒸ノ湯休憩所に下り、シールをつけてスキー場に登った。リフト降り場の「縁結びの木:抱擁樹」の所でシールを外した。ゲレンデを整備したようで綺麗になっていた。気温が上がり、雪は柔らかくなり最高の斜面になっていた!せっかく整備したゲレンデに、先行者の方に続いて落書きをしてしまった。最後の下りを楽しみ13時7分駐車場に着いた。私の車と同じ車種の岩手ナンバーの車が無くなっていた。先行車の方は岩手県の方だったようだ。
後生掛温泉に入り車に戻ったら、暑くてヒーターをオフにして長い帰りの道を走った。明日も天気は良さそうだが用事があるので・・・残念! 
山頂から少し岩手側に歩いた所から
凌雲荘(写真左の避難小屋)と岩手山を望む 
直下に山頂駐車場が見える所から
正面の畚岳と奥に秋田駒ヶ岳・左側は裏岩手縦走路