トップのページへ 八幡平紹介のページへ
八 幡 平 
(八幡平二等三角点1613.3m)
2012年12月28日(金)〜12月29日(土)

秋田県高体連県北支部登山部冬山講習会に同行して


八幡平で高校生の冬山講習会が行われるというので同行させていただいた。
秋田八幡平のスキー場に向かう途中、好天になりそうな雰囲気!

28日(金)
10時前にスキー場駐車場に着いて皆さんを待つ。10時半過ぎ全員がそろい。準備して全員リフトに乗って山毛森山頂近くのリフト降り場まで進む。スキーの2名は左下に蒸ノ湯温泉を見ながら蒸ノ湯休憩所を目指し、着いてスキーにシールを貼る。その間にスノーシューやワカンを履いた皆さんがリフト降り場から下って来た。ここで2名のスキーヤーの方が登って行く。その前を4名の方が行ったようだ。トレースがしっかり残っている。
12時過ぎに全員そろって登り始める。雪が深いのでスキーのトレースをいただく。しかしワカンの生徒はズボズボと埋まるようだ。登るに従って展望が開け青空ではなかったが鳥海山が見えた。4名の方が下って行くのを見届け更に進む。山頂手前の1604mピーク(藤助森)を進んでいたら、下部を巻くように2人のスキーヤーが下って行った。この少し前から私のデジカメがバッテリー切れを表示するようになった。充電してきたのだが・・・?山頂を通過して、我々は16時頃に陵雲荘に着く。翌日の天気が心配だった!

29日(土)
5時頃には皆さん起き出した。外は真っ暗だが東の水平線がほんのり赤みを帯びてきた。徐々に明るくなり雲ひとつ無い青空になった。7時前に全員外に出て出発の準備をした。7時過ぎ山頂へ登り始める。岩手山・早池峰山・八甲田山・岩木山・鳥海山・秋田駒ヶ岳・・・くっきりと見渡すことが出来る。風もほとんど無くキーンっと寒い。残念ながらスキーが滑らない!!!雪質が!ギュッギュッと音がするような雪質だった。仕方なくワカンなどで歩いたボコボコのトレースを下ることにした。それでも滑らない!標高1300m付近からは徐々に滑り出し、最後の急斜面は気持ち良く滑ることが出来た。蒸けノ湯休憩所でようやくスノーシュー・ワカン隊に合流したが、シールを付けていたら先に行かれてしまった。山毛森山頂近くのリフト降り場に着いたら生徒達は車座になりトランプで遊んでいた。元気なものだ!
圧雪されているが硬雪のゲレンデをガタガタ音を立ててスキーヤーは滑り降り、他のメンバーはリフト降り場の係員の方に指示されたコースを歩いて下った。帰る準備をして10時過ぎ、用事があったため私は早めに自宅へ向け出発した。この後大変な年越しになるとは全く予想もしていなかった・・・
蒸ノ湯休憩所から約1時間、ようやく斜度が緩くなり八幡平らしい斜面になってきた
後方に蒸気が立ち上るところは澄川地熱発電所、左に焼山の裾野が見える
山頂の標柱(携帯で撮影) 陵雲荘から見た日の出前の東の空(携帯で撮影)