トップのページへ 八幡平紹介のページへ しょうすけのブログへ
八 幡 平 (1613.3m)
2011年4月18日(月)3人パーティ

<コースタイム>
蒸ノ湯休憩所駐車場09:40→途中一本→11:35山頂13:00→ガマ沼・見返り峠→13:44山頂→14:45蒸ノ湯休憩所駐車
4月18日(月)快晴無風
月曜日は代休で休みだからどっかへっというメールで八幡平へ!
天気予報では晴れ!風も弱いということで期待!朝、7時前に能代の自宅を出て大館市比内の道の駅8時集合で合流。私の車1台に乗って出発。八幡平スキー場を過ぎ蒸ノ湯休憩所駐車場に着く。アスピーテラインの山頂へ行く方はゲートが閉まっている。準備をしていたら、車に乗って年配のご夫婦が来て、少ししたら車の中でオカリナを吹き始めた・・・我々は9時40分スタート。暑くなりそうだ。最初の急斜面を登っていたら暑くてたまらない。日差しも強い。出来るだけ涼しい服装にして、ゆっくりとしたペースで登る。雲ひとつ無い大展望が開けてくる。八甲田・岩手山・田代岳・藤里駒ヶ岳・そして白神岳と向白神岳の尾根が区別できるほどにくっきりと見え、アオモリトドマツの間に鳥海山が頭を出してきた。当然、焼山と森吉山はくっきりと!途中で一本!暑くて帽子を取ると日に焼ける、夏用の帽子で良かった・・・風も無い!11時35分山頂に着き。畚岳へとも思ったがのんびりと過ごすことにした。それぞれバーナーを出してラーメンやカップ麺、おにぎりを食べる。至極の一時を過ごし大満足。13時に出発して八幡沼の展望所からガマ沼の脇を通り見返り峠で岩手県側の大展望に感激!裏岩手縦走路から岩手山・早池峰山などが手に取るように見える。秋田駒ヶ岳から八幡平へ延びる山並みもくっきり!しばし立ち尽くす。気を取り直して山頂へ戻る。山頂から1604mのピークまではシールを付けたまま進み。そこでシールを外す。そこからは気持ちの良い緩斜面。テレマーク初心者トリオは、ここぞとばかり練習!練習!やがて最後の急斜面を恐る恐る下り、14時45分駐車場に着く。疲れはさほど感じなかった・・・もうおでこが日焼けしてヒリヒリする。比内の道の駅に戻り、比内の湯に行き入浴(300円・シャンプーやボディーソープ無し)。2人と別れ、私は眩しい西日に向かって一路能代へ・・・次はどこへ行こうか?
見返り峠から岩手山方面を見る
すぐ下で除雪車が雪を飛ばして除雪中
1604mピークから出発前のふたり
背景に見える山は秋田駒ヶ岳