トップのページへ 八幡平紹介のページへ @の記事ブログへ Aの記事のブログへ Bの記事のブログへ
秋田焼山・栂森(八幡平)(1366.1m ・ 1349.7m)


@2012年2月27日(土)単独・後生掛温泉から秋田焼山

A2016年3月15日(火)単独
・ベコ谷地経由で栂森

B2016年12月28日(水)〜29日(木)高校生の冬山講習会に同行・ベコ谷地経由で栂森

@2月27日(土)晴

<主な通過タイム>
八幡平アスピーテライン後生掛温泉付近09:58→(ほぼ夏道)→毛せん峠11:32→12:03焼山山頂(三角点)12:50→
(登りと同じコース)14:40下山


能代市の自宅を7時過ぎに出発。国道285号線から比内・大葛から県道191号線を進む。根瀬集落から国道341号に乗る。アスピーテラインを進み、大沼横を通過して後生掛温泉までの間で駐車場所を探す。幸い路側帯が広く除雪された所があった。車を駐め準備する。9時58分車の横から雪の上に上がりスキーを履いて出発。暑いのでアウタ−はザックの中に入れる。橋を渡り、雪上を後生掛温泉側へ進み夏道の手前の尾根に乗る。フラットな尾根を進み、左寄りの斜面を登ると夏道の尾根に乗る。あとはこの尾根を登る。ツアーコースを示す古い番号の看板があちこちにある。国見台のピークが見えだし、右の沢を下に見ながら国見台ピーク下部をトラバースする。雪が硬くエッジを立てるとシールが効かない。それでも国見台から北に伸びる尾根の上に乗る。国見台を更に回り込み毛せん峠とのコルに出る。これから登る斜面は硬くうねっている。まるでヒマラヤ襞のようだ。先日の雨はここでも降ったのだろうか?ひどい雪面だ!登るのにはさほど問題がないが下りが心配だ。11時32分毛せん峠に着く。雪が溶け、雪面が切れている。栂森の尾根全体がかなり雪解けが進んだようだ。露出した夏道の岩や木製ベンチをスキーを履いたまま渡る。次の1354mピークは北側を巻くのだが下が切れているので慎重に通過した。右手下方に避難小屋を見ながらピークを更に2つ越えて目指す山頂への登りになる。12時3分三角点がある広い雪原の焼山山頂に着く。
南側に少し雲が見えるだけで快晴だ!大展望を楽しむ。秋田駒ヶ岳・岩手山・八幡平・八甲田・岩木山・森吉山・そして近隣の山々。日差しが強く、風は微風で暖かだ。コンロを出して、雪で水を作りお湯を沸かした。のんびりカップ麺とおにぎりを食べた。気持ち良い!・・・が下りが心配だ。この雪質じゃー?イヤだな〜ふっ(-_-"
12時50分シールをはずして下山開始。最初はまあまあ快調に下る。緩斜面の登りならステップ板もまずまず効く。1354mピークの一部はスキーを脱いでツボ足で進む。毛せん峠から先が問題だ。あのガチガチのヒダをどう下るのか?仕方なく慎重に斜滑降!斜滑降!国見台のトラバースも・・・スキーはもうイヤだあ〜!っという気分になりながら、後傾姿勢になりエッジを引っかけて撃沈!下ってきたらモナカ状態の雪面。エッジを立てるとズボッ!と埋まり転倒!どうしたら良いんだろう?スキーは下手だからな・・・しみじみと感じる。スキー嫌いになりそうだ!尾根の先端から斜面の下方に後生掛温泉を見ながら下る。最後の雪原に出る所でドスンっと転倒して穴を掘る。このままま寝ていたい気分だった。14時40分ようやく駐車していた車に着きホッとする。
片付けをして後生掛温泉に向かい、400円でゆっくり入浴。泥湯にもゆっくりつかる。さっぱりして売店でアイスクリームを買って食べる。1個では足りないが我慢!我慢!さあ帰るか!のんびりロングドライブを楽しむ。スキー技術の自信は?回復するのだろうか?このまま気分的に撃沈しそうだ・・・
毛せん峠から山頂(焼山山頂)方面・背後に森吉山が見える 焼山山頂から八幡平・岩手山方面の展望


A2016年3月15日(火)曇り

八幡平山頂へ向かう時よりは少しゆっくり自宅をスタート。能代から約100km、早朝なので約2時間。
秋田八幡平スキー場や八幡平高原ホテルなどへの入口の交差点の除雪スペースに車を駐める。9時9分出発。澄川のどこを渡るかが気になっていた。ベコ谷地を経由予定だったので、交差点からほぼ西方向にある橋の上を渡ることにした。橋を渡ってからはやや急な斜面をジグザグに登り、緩やかになった尾根道を進むと、9時43分真っ白なベコ谷地に着いた。ほとんど平らなベコ谷地だが、中央付近の1カ所がいつも陥没している。地熱だろうか?
ベコ谷地から栂森への尾根に取り付いた。この後は、ブナ林から徐々にオオシラビソ林に変化する尾根の上を進む。オオシラビソがやや密になり左側が開けてくると栂森山頂への最後の登りになる。ここへの夏道は無い。10時46分栂森山頂に着いて三角点を探したが雪の下なのか?見つからなかった。雪面の状況(雨溝などのガリガリの上に数cmの新雪)などから滑走を楽しむのは断念!毛せん峠まで往復して栂森に戻り、シールを外した。下ろうと思っていたら、スノーシューを履いた3人の方達が、私が登ってきた方から登ってきた。毛せん峠から国見台・後生掛温泉へ下るということだった。私は来た道を下ることにした。うねるガリガリの雪面に数cmの新雪だった。ほとんど修行状態!テレマーク姿勢をとるのを諦め、適当に滑って下った。所によってはボーゲン!こんな雪面でも、頑張ってテレマーク姿勢をとるのが上達の一歩なのだろうか?12時を回ってようやく車に着いた。栂森で会った3人の方達が乗ってきたランクルが私の車の横に駐まっていた。車の中で昼食を食べ、花輪経由の長いドライブを楽しんだ。 
栂森山頂から秋田焼山方面  栂森から下ろうとしたら、3人の方が登ってきた。写真の雪面と
樹林の境目の中央より少し左側にポツンと赤い色が見えたら
目の良い人だと思う。右奥は秋田八幡平スキー場。


B2016年12月28日(水)晴れ後曇り〜29日(木)風雪
秋田県県北地域の高校山岳部の冬山講習会に同行させてもらいました。
28日は天気が良かったので、ベコ谷地経由の栂森山頂まで往復することにした。
秋田八幡平スキーに集合し、10時10分頃、準備をして出発。車道を通り、登り口へ向かう。小中学生か?XCスキーを履いて練習会のようだった。その横を通り、橋を渡って直ぐに急斜面に取り付く。雪の量が少なく低灌木がまだ出ている。斜面が緩くなり、何とか登りやすくなった。それでも木に引っかかったり、しっかり雪で埋まっていない穴に落ちたりして苦労する。11時を回って純白の雪面が広がるベコ谷地に到着。集合写真を撮って、生徒達は、前方の尾根に向かって一斉に雪原を走り出す。一番に着いた生徒は下山後コカコーラをもらえるようだ。
栂森への尾根を登り始めるが、低灌木が邪魔になる。徐々に進むと、いよいよオオシラビソの樹林が密になる。風も弱く快適だが気温は低い。カメラの金属部分に手袋がくっついてはなれない。固まった雪の上に薄くパウダースノーが乗っている。私が1人先行して栂森山頂に着き、後続を待った。毛せん峠の標柱が見え、時々焼山山頂方面も見えた。やがて本隊が登ってきて合流。寒いというので、下の樹林帯まで下ることになった。私はシールをつけたまま下った。下から見上げたら、顧問の先生達がシールを外しているのが見えた。じゃー私も!っということで登り返した。山頂でシールを外して気持ちの良い1本を滑った。樹林帯の中でザックを下ろし、昼食を食べた。
生徒の1人が足が冷たくて感覚が無くなってきたということで、急遽急いで下ることになった。生徒はワカンを履いていた。登りは2時間半近くかかったが、下りは1時間程であった。さっきの生徒は、下ったら何ともなくホッとした。
この後は車で移動して、後生掛温泉のオンドル部屋に泊まった。以前泊まった部屋と違って程良い熱さで気持ち良く寝ることがで来た。
29日は風雪の天気になり、後生掛け温泉近くで設営の訓練をした。
ベコ谷地に着いて、生徒達が一斉に駆けだしていった! 栂森山頂で待っていたら、本隊がようやく登ってきた。