トップのページへ 秋田県内の山 この記事のブログへ
秋田駒ヶ岳・乳頭山(烏帽子岳)
1637.4m・14777.3m


2015年7月10日(金)単独行
      7月11日(土)単独行

7月10日(金)快晴

<コースタイム>
スキー場駐車場05:33→林道から登山道へ06:01→07:07水沢分岐(休憩)07:20→07:53男岳(休憩)08:03→
(馬の背)→横岳08:29→焼森08:36→湯森山09:09→10:08笊森山(昼食半分食べる)10:24→
11:14乳頭山(昼食の残り)11:35→田代平山荘11:54→田代平分岐11:57→蟹場分岐12:34→13:00登山口


今日は私の誕生日!歳をとるごとに体力は落ちる。そこで体力チェック!秋田駒ヶ岳から乳頭へ歩くことにした。
田沢湖スキー場ぎんれい第2駐車場に車を駐めて、スポーツセンター下部の水沢に架かる橋を渡って林道を登る。橋から水沢分岐まで標高差850m、男岳までは1050m程の登りになる。さあ頑張るぞー!と進んだら、林道は崩壊状態!更に登って行ったら林道上を雑草が覆い始めていた。それでも登山道入口を見つけて登山道に入った。このコースで、6月上旬に高校生の大会が行われたためか、登山道はそれほど荒れておらず順調に登ることがで来た。汗が噴き出るが、風が涼しく気持ち良い。急がずじっくり登って、駐車場から水沢分岐まで1時間半余りで着いた。素晴らしい展望だ!鳥海山だけが水平に広がっている雲の上にポツンと頭が見える程度だだった。少し休んで男岳を目指し、男岳に着いたら男の方がいて、ビックリしていた。登山道があることを知らず、突然私が現れたからだったようだ。その方に写真を撮っていただいて、横岳を目指して出発した。阿弥陀池には下らず、馬の背を通った。横岳手前の分岐で、阿弥陀池から登ってきた男性と会う・・・この男性とは、下山するまで前になったり後になったりして進むことになる。横岳・焼森・湯森山・熊見平・宿岩と通過して、10時8分笊森山に到着。ここで初めてザックを下ろして休むことにする。一緒だった男の方は、先に乳頭山方面に向かった。この恵まれた天気が当たり前のような気がしてきた。休憩後、重い腰を上げて出発することにした。相変わらず、お花畑だ。進むにつれて、微妙に咲いている花の種類が変わるのが面白い。乳頭山(烏帽子岳)の最後の急な登りを終えたら、山頂に3人の方が休んでいた。挨拶をして休むことにした。新潟の五泉市からいらしている方達だった。五泉市のチューリップの話などをして、下る話になり「13時35分のバスに間に合うだろうか?」と聞かれ「十分間に合うでしょう!」と言ったら、にわかに立ち上がって下って行った。私は、笊森山で食べ残した昼ご飯の残りを食べてから、3人の後を追った。田代平山荘に着いたら、先行していた男性とまた一緒になった。孫六コースへの分岐で男性は孫六コースへ、その直ぐ先に3人が見えた。私は、蟹場分岐へ向かった。全く主観的な気持ちだけど、孫六コースは余り好きでないからだった。雨などの後は土が滑りやすく、泥んこの場所も多いからだ。その後も池塘の植物を楽しみながら下り、蟹場分岐から13時ちょうどに登山口に下りた。ほぼ同時に、例の男性が孫六温泉の方から到着した。バス停で時間を確認した。その後少しして、3人組が下りて来て「間に合った!」と言っていた。
チェストバッグからスマホを出そうとしたら無い!(>_<)!最後に使ったのが、笊森山山頂だった!近くの大釜温泉に入り、ピンクの電話を借りて、ドコモに連絡!まずはスマホにロックをかけてもらった。ピンク電話はノイズが入り聞きにくかったので、帰宅後にドコモといろいろやり取りすることにした。登り返すか考えたが・・・車はスキー場駐車場にあるし、連絡手段を失ったし・・・冷静になり、今日は帰ることにした。新潟から来た3人の方達と一緒にバスに乗って出発した。途中で、同時に下山した男性が車道を歩いていた。勝手な推測だが、「アルパこまくさ」まで歩くんだろうと思った。3人の方達は「アルパこまくさ」で下りた。明日は和賀岳へ行くと言っていた。元気な方達だ!私はスキー場のバス停で下りて車に戻った。温泉に入るのは中止!そのまま、下りコンビニで冷たい飲み物を買って、田沢湖・105号線経由で自宅に向かった。その時には、明日また来るということは考えていなかった。
帰宅して、ドコモに再度連絡。「携帯お探しサービス」で探してもらったが、電波が弱く発見出来なかった。この時点で、明日、笊森山山頂へ行くことにして、準備した。もし、無くても自分を納得させるためだからかもしれない。
男岳山頂で写真を撮っていただいた 馬の背から下に見える阿弥陀池と避難小屋
乳頭山への登りの途中で  蟹場分岐へ向かう途中でワタスゲ 
7月11日(土)快晴

<コースタイム>
八合目駐車場06:34→湯森山07:12→熊見平07:26→宿岩07:34→08:03笊森山(携帯を探す)08:08→
08:55乳頭山(携帯を探す)09:09→→田代平山荘09:30→田代平分岐09:39→孫六温泉10:11→10:29登山口

 
落としたスマホを探すために、早朝120km程の道を秋田駒ヶ岳山域に向かった。
「アルパこまくさ」には5時半前に着いて準備した。他県ナンバーの車が10台ほど駐まっている。6時1分発のバスに乗って八合目を目指す。バスは座席数のほぼ8割くらいの乗客数だった。
八合目に着いて、6時34分出発。笹森の肩を目指す。笹森の肩から湯森山を目指し、更に熊見平・宿岩を通過して、目的地の笊森山に着く。早速、探し回るが見つからない?もう一度ぐるっと見回るが無い!こうなれば、第2候補の乳頭山へ行くしかない!そこへ、トレラン風の格好をした男性が乳頭山方面から登ってきた。私は、笊森山から乳頭山を目指す。昨日と同じ風景を眺めながら、乳頭山に着いて、探し回る。山頂部の登山道脇の草むらに落ちたのだったら探すのが大変だ!次第に諦めムードになり、新しいスマホをお願いするしかないかな?っと思うようになって下ることにした。田代平分岐では、好きでないが孫六コースを下ることにした。下り始めて間もなく、オオシラビソの木の太い枝に「ガツン!と」頭をぶつけて、少しの間頭を抱えてしゃがんでいた。嫌われていると感じての反撃だっただろうか?!下りの途中、トレランの練習なのか?男性が熊鈴を鳴らしながら、ジョギングのようにして登ってきた。その後に、同じような格好をした男性が歩いて登ってきた。先に行った人よりは少し太った方であった。以前大型の熊と遭遇した場所を無事に通過して、孫六温泉に着いて顔を洗った。バス時間が何時だか分からなかったが、先を急いだ。10時29分大釜温泉脇の登山口に着いて、バス停の時刻表を見たら10時45分発であった。ちょうど良かったので、始発の蟹場温泉に移動して、出発準備中のバスの脇でプロテインを飲みながら出発を待った。そこにいた女性3人が、これから乳頭山に登ると言う。そして、昨日会った方達と同じで、この方達も明日は和賀岳だと言っていた。どうして秋田駒ヶ岳の次は和賀岳なんだろう?
私ひとりだけバスに乗り「アルパこまくさ」まで移動した。着いたら、お客さんが何人か待っていた。私は自分の車に乗り、バスの運転手さんに聞いた田沢湖交番に向かった。ドコモに言われた通り遺失届を出した。事情を説明したら、遺失届番号を教えてくれた。温泉も豪華な昼食もパス!コンビニ前でのコンビニ弁当を食べて帰路についた。
自宅に着いて、ドコモに連絡。昨日に続き「携帯お探しサービス」で探してもらったら、「電波が弱くて誤差が大きいと思うが、乳頭キャンプ場付近にある!」と言われて、あ〜当てにならないな!っと思い、保証サービスによる同型機種を送ってもらうことにした。翌日の夕方には着くと言われ、少しホッとした。
好天に恵まれた2日間にわたる、秋田駒ヶ岳から乳頭山への縦走は終わった。体力チェックと言うよりは、体力消耗と精神的な疲れを感じた。また、いつか来てみよう! 
笊森山山頂と後方に岩手山  乳頭山山頂と後方に岩手山