トップのページへ 秋田県内の山 @の記事のブログへ Aの記事のブログへ
秋田駒ヶ岳山域
(1637.4m)一等三角点

@2012年6月2日(土)〜5日(火)秋田県高等学校総合体育大会 登山競技大会

A2012年7月21日(土)国見温泉から:単独行

@第58回秋田県高等学校総合体育大会登山競技大会
秋田駒ヶ岳山域で行われたに上記大会に同行させていただきました。

<日程>
第1日目(6月2日)開会式・田沢湖総合開発センター〜仙北市生保内牛沢→高野→スポーツセンターキャンプ場

第2日目(6月3日)スポーツセンターキャンプ場→水沢分岐→男岳→横岳→湯森山→笊森山→乳頭山→田代平山荘→孫六コース→大釜温泉→乳頭キャンプ場

第3日目(6月4日)乳頭キャンプ場→黒湯→乳頭分岐→田代平山荘→蟹場分岐→鶴ノ湯分岐→鶴ノ湯温泉→山の宿キャンプ場

第4日目(6月5日)山の宿キャンプ場〜田沢湖総合開発センター・閉会式

私は、初日の開会式後、読図ポイントを設定しながらスポーツセンターキャンプ場に移動。その後、翌日のコースの一部になっている水沢コースから男岳へ読図ポイントを設定しながら登り、八合目駐車場に下山。審査委員の今野(幸)氏が車で迎えに来てくれた。感謝!
翌2日目は、選手とは別に八合目駐車場まで車で移動。横岳を通って大会コースを歩いて孫六温泉に下山した。
3日目は大会コース通りに歩いた。晴れの天気が続いていたが、この日は昼頃パラパラっと通り雨が降った。更に、ヘリコプターや救難機が直ぐ上空を飛んだり、ホバーリングをしたり、しばらく騒音の中を歩いた。
翌日(5日)に所用があって帰ることになった。残った仕事は申し訳ないがnariyuki氏などの担当の人達にお願いした。
すばらしい天気に恵まれた大会になった。優勝は横手高校Aパーティとなったが、全体的に得点の低い大会であった
6月2日の夕方、水沢コースを男岳へ向けてnariyuki氏と2人で登った。
水沢分岐から男岳へ向けて歩き出したところ・・・
6月3日秋田駒ヶ岳の八合目駐車場から登り乳頭山(烏帽子岳)山頂に着く。
乳頭山山頂から秋田駒ヶ岳山頂方面を望む。

A国見温泉から男岳・男目岳往復(晴れ)単独行

<コースタイム>
国見温泉登山口08:57→横長根分岐09:30→ムーミン谷への分岐09:58→かたがり泉水10:11→男岳への分岐10:27→五百羅漢上部の尾根10:47→11:10男岳山頂11:27→11:56男女岳12:03→12:14阿弥陀池小屋横12:33→12:33浄土平12:46→馬の背と男岳の鞍部12:55→横岳13:17→横長根分岐14:07→14:30国見温泉登山口

何となく国見コースを登ってみたくなって秋田駒ヶ岳へ早朝の出発!国道46号線仙岩トンネルを秋田側から岩手側へ越えると間もなく国見温泉へ登る道路が分岐する。国見温泉の登山用駐車場に着いたら車があふれている。ようやく下の方に駐車して準備。
車道を森山荘まで登り、8時57分登山口から急な階段を登る。追い越しても次から次へと人が前方に現れる。横長根に着き尾根の上を登る。岩手県側はオホーツク海の高気圧からの山背で曇っている。風が少し冷たくて快適。横長根からムーミン谷へ分岐。ムーミン谷へ入る。ちらほらコマクサが咲いている。更に進むとチングルマが群生している。花が咲いているものと風車になってしまったものが半々くらいか?トウゲブキやエゾツツジ、ウサギギクなど沢山の高山植物が咲いている。人も多い!男岳への登りの分岐をパスして、男岳と女岳の間を通過して五百羅漢上部の尾根に着く。ここから男岳へ喘ぐ。男岳山頂に着いたら沢山の人が休んでいた。阿弥陀池方面も沢山の人の行列。休日にどっかのショッピングセンターにいるような混雑!ドカッと座っておにぎりを食べて出発。男女岳を目指した。男女岳山頂は淋しい程人が少なかった。下って阿弥陀池小屋横で残りのおにぎりを食べる。直ぐ下に見える浄土平のお花畑を一周する。阿弥陀池に戻り、さっき男岳から下って来た男岳と横岳の分岐へ上がり、馬の背を通って横岳を目指す。横岳からは一気に下って14時30分国見温泉に着いた。
車を移動させて森山荘の温泉に入る。露天風呂はすっぽんぽんで外を回らなければならず・・・断念!でも若くて自信のある人は堂々と行ったり来たりしていた。入浴後、のんびりとドライブを楽しみながら46号線から田沢湖経由で105号線を通って帰った。私の地元で花火の行事があったがスムーズに家に着いた。
雲が取れたムーミン谷から見た駒池と男岳
男岳山頂付近から見た阿弥陀池と男目岳。雲の上に岩手山の山頂部が少し見える。